「ぽっちゃりメイド」が給仕するメイドカフェが東京都・秋葉原に誕生

"萌え"の原点「ムチぽちゃメイドカフェ&バーShangrila(シャングリラ)」

ミノフスキーはこのほど、「ムチぽちゃメイドカフェ&バーShangrila(シャングリラ)」を東京都・秋葉原にオープンした。

"ぽっちゃり女子ブーム"に向けたメイドカフェ

同店は、「ぽっちゃりメイド」「むっちりメイド」が給仕するメイドカフェ&バー。同店が発信するものは「ぽっちゃりは『萌え』の原点である」という概念。また、"ぽっちゃり女子"は、男性が「女性らしさ」や「母性」「癒やし」などをイメージしやすい存在であり、「萌え」という言葉の原点とも言える存在、としている。

"ぽっちゃり"の基準は人によってさまざま"とのことから、同店では3種類のサイズを設定している。緑の制服は「むっちりめいど」、紫の制服は「ぽっちゃりめいど」、ピンクの制服は「ましゅまろめいど」としている。

緑の制服は「むっちりめいど」(左から瀬織せいな、本名なつみ、レイチェル)

紫の制服は「ぽっちゃりめいど」(左から、おいも、白乃ありす、望月ごん、兎月ちろる、八宮まお)

ピンクの制服は「ましゅまろめいど」(左から、うゆ、華城ここあ、木ノ瀬まりあ)

提供するメニューは、イタリアンのシェフが作る、有機野菜を使った高いクオリティーのフードを用意。特に、客席からも見える大きさの「石窯」で、シェフが生地から作る、焼きたてのピザを提供するという。 さらに、日本各地の田畑からの産地直送される季節ごとの有機野菜のサラダも提供する。

ドリンクには昨年日本に上陸し、東京都・市ヶ谷に店舗を構えるオーストラリア発の有機栽培コーヒー「BUN COFFEE」を提供。また、本格的なエスプレッソマシンを使った淹れたての「BUN COFFEE」とともに、"ぽっちゃりメイド"によるラテアートサービスなども展開する。

席数は48。営業時間は12時から22時30分まで。月曜日は定休となる。

(C) 2016 Minovsky LTD. All rights reserved.

人気記事

一覧

2016年12月10日の運勢

イチオシ記事

新着記事