Apple「iAd App Network」打ち切りに、6月30日まで

 

米Appleは1月15日(現地時間)、iOSアプリに広告を配信する広告ネットワーク「iAd App Network」を終了させる計画を発表した。サービス提供は2016年6月30日まで。iAd Workbenchを通じたキャンペーン作成は可能だが、すでに新しいアプリをネットワークに登録することはできなくなっている。

iAdは、アプリ/ゲーム開発者のビジネス機会を広げるためにAppleが用意した広告プラットフォームだ。2010年7月に配信を開始した。eMarketerの調査によると、米国のモバイルディスプレイ広告におけるiAdの売上シェアは約5%。Appleの売上における割合は非常に小さく、一方でユーザーのプライバシーを重んじるAppleは広告ベースのビジネスモデルに対する批判を強めており、そのためAppleがiAdを提供する矛盾も指摘されていた。iAd App Networkは終了になるが、iAdプラットフォームおよびAppleのモバイル広告事業の今後については不明。開発者向けのiAdサイトで情報をアップデートするとしている。

人気記事

一覧

新着記事

開幕まで一週間! iPhone/iPadアプリを使ってリオ五輪をもっと楽しもう!!
[14:23 7/30] スマホとデジタル家電
[世界コスプレサミット2016]コスプレの祭典開幕 炎天下の愛知・蒲郡でオープニングセレモニー
[14:22 7/30] ホビー
[LiLiCo]阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子と武井咲主演ドラマにゲスト出演
[14:00 7/30] エンタメ
[今週のアルスラーン戦記]第5話「決別」 アルスラーンに“助け舟” ナルサスの策も
[14:00 7/30] ホビー
iPhone/iPadにMacを使って夏休みの自由研究に取り組もう! - 子供向けワークショップ「サマーキャンプ」が開講
[13:57 7/30] パソコン