Apple「iAd App Network」打ち切りに、6月30日まで

Yoichi Yamashita  [2016/01/18]

米Appleは1月15日(現地時間)、iOSアプリに広告を配信する広告ネットワーク「iAd App Network」を終了させる計画を発表した。サービス提供は2016年6月30日まで。iAd Workbenchを通じたキャンペーン作成は可能だが、すでに新しいアプリをネットワークに登録することはできなくなっている。

iAdは、アプリ/ゲーム開発者のビジネス機会を広げるためにAppleが用意した広告プラットフォームだ。2010年7月に配信を開始した。eMarketerの調査によると、米国のモバイルディスプレイ広告におけるiAdの売上シェアは約5%。Appleの売上における割合は非常に小さく、一方でユーザーのプライバシーを重んじるAppleは広告ベースのビジネスモデルに対する批判を強めており、そのためAppleがiAdを提供する矛盾も指摘されていた。iAd App Networkは終了になるが、iAdプラットフォームおよびAppleのモバイル広告事業の今後については不明。開発者向けのiAdサイトで情報をアップデートするとしている。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR