レアル、大勝もBBCから2人が負傷…ジダン監督「ベイルは少し深刻」

 

負傷交代したベイル [写真]=Real Madrid via Getty Images

 17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節で、レアル・マドリードはスポルティング・ヒホンと対戦し、5-1の大勝を収めた。試合後、レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が会見に臨み、負傷交代したウェールズ代表MFギャレス・ベイルとフランス人FWカリム・ベンゼマの状態を明かした。同日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 開始7分に先制点をマークしたベイルは、前半終了間際に足を痛めると、ハーフタイムに途中交代。2得点のベンゼマは攻撃の際に味方選手と接触し、65分にピッチを後にしていた。

 就任後の2試合を連勝で終えたジダン監督は、「カリムはちょっと打っただけだ。心配することなんてない」とベンゼマが軽傷であることを明言。一方で「ギャレスはもう少し深刻。ふくらはぎの筋肉に問題がある。明日スキャンを受けて様子を見なければ」と、ベイルの状態について語った。

 次節、レアル・マドリードは24日に敵地でベティスと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

宇宙人のメッセージ? - 太陽系から94光年離れた恒星系より"強い信号"を受信
[09:24 8/31] テクノロジー
【特別企画】若手にこそ新製品開発のチャンスを- 老舗切削工具メーカータンガロイ社員に直撃
[09:00 8/31] テクノロジー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第9回 タイトルや見出しで移動する
[09:00 8/31] 企業IT
ゼロからわかるEMC 第5回 EMCの試験 - EMS
[09:00 8/31] テクノロジー
受動喫煙による肺がんリスクは約1.3倍 - 国がんが日本人を対象に解析
[08:30 8/31] テクノロジー