欅坂46が今年初イベント開催、MCの上村莉菜と尾関梨香は公演終了後に涙も

 

乃木坂46に続く坂道シリーズアイドル・欅坂46が16日と17日に東京・Zeppブルーシアター六本木で、今年初のイベント「新春! おもてなし会」を開催し、パフォーマンスを繰り広げた。

今年の初イベントを行った欅坂46

欅坂は、まだCDデビュー前でオリジナル曲がないため、各グループごとにパフォーマンスを披露。「放送部」の上村莉菜と尾関梨香が総合MCを務め、イベントを進行した。

最初に登場したのは「美術部」の小池美波と佐藤詩織。2人がステージに設置された白い巨大キャンバスに絵を描いていく間、次いで「音楽部」の上村莉菜、小林由依、菅井友香、長沢菜々香、渡辺梨加がピアノの連弾×アルトサックス、ピアノの連弾×バイオリンを披露した。

続く「演劇部」から、織田奈那、志田愛佳、原田葵、守屋茜、米谷奈々未、渡邉理佐らが「告白」をテーマに演技。「ダンス部」の石森虹花、齋藤冬優花、鈴本美愉、土生瑞穂、平手友梨奈は、激しいオリジナルのダンスを披露し、曲間に乃木坂46の「命は美しい」の振りが入ると、客席は大いに盛り上がった。

そうしていると、「美術部」の絵が描き上がり、その上に「書道部」の尾関梨香が、一筆書き加えて作品が完成。2日間で3公演を行ったが、描きあげた絵はそれぞれ異なり、書かれた文字も「謙虚」「優しさ」「絆」と欅坂46のバックテージでの掛け声で、客席から大きな拍手がわき起こった。

最後は、メンバーが客席を歩く私服ファッションショー。公演終了後、総合MCの上村は「台本を読み合わせたり、リハーサルをすると全然うまくいかなくて、2人でぶつかっちゃったこともあったんだけど、最後に公演で納得できる司会をできました。すごくいい経験になりました」と満足で、尾関は「1回目、2回目とうまくいかなく、公演後2人で反省しながら、最終公演では、来てくれた人たちも喜んでもらってたので、よかったです」と、緊張から解放された安堵(あんど)から、涙ながらに振り返った。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ASUS Vivobook E200HAを試す - 税込3万円台から買える11.6型軽量モバイルノートがパワーアップ
[05:00 7/26] パソコン
ウィル・スミス、3年ぶり来日決定! 悪党映画『スーサイド・スクワッド』PRで
[05:00 7/26] エンタメ
[ラブライブ!サンシャイン!!]Aqoursの3枚目シングルがオリコン4位 発売初週に4.7万枚
[04:00 7/26] ホビー
『ラブライブ!サンシャイン!!』、Aqoursの3rdシングルがオリコン初登場4位
[04:00 7/26] ホビー
半導体センサの成長率は数量では2桁も金額では数%程度 - IC Insights
[03:28 7/26] テクノロジー

本音ランキング