負傷交代のD・コスタ、患部のすねを検査中…指揮官は軽傷を願う

 

エヴァートン戦で負傷交代を余儀なくされたD・コスタ [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第22節が16日に行われ、チェルシーはエヴァートンとホームで対戦し、3-3で引き分けた。この試合で負傷したスペイン代表FWジエゴ・コスタが検査を受けていることが明らかになった。16日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 エヴァートン戦に先発出場し、1得点1アシストの活躍を見せたD・コスタ。しかしながら、80分にすねを痛めてFWロイク・レミーとの交代を余儀なくされていた。

 チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督は、同選手について、「彼は病院にいて、スキャンを受けている。結果はわからないが、大事に至らないことを祈っているよ。すねをかなり痛めているようだ」と、ケガの状況はまだ詳しくわかっていないと明かした。

 続けて、「我々は彼が良い状態で病院から出てこられることを願っている。今は前を向いて進んでいくしかない」と、早期回復を祈った。

 チェルシーは次節、24日に敵地でアーセナルと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

オムロン、生産設備のスマート化を推進するIO-Link対応FA機器の第1弾製品
[17:47 6/30] テクノロジー
【特別企画】~たまごがあれば、幸せだ~卵に関するあらゆる情報をまとめた特設サイト
[17:40 6/30] ヘルスケア
ロジテック、SeeQVault対応USB 3.0接続の外付けHDDに3TBモデルを追加
[17:37 6/30] 家電
【特別企画】夏バテ対策には卵が最適!?暑さに負けるな時短卵料理レシピ2選
[17:34 6/30] ヘルスケア
【連載】夫婦のLINE 第90回 目的を見失うと手段の最適化に失敗する
[17:30 6/30] ライフスタイル