2戦連続先発で豪快先制弾…鈴木武蔵「感触はすごく良かった」

 

先制点を挙げた鈴木武蔵(左) [写真]=Getty Images

 U-23日本代表は16日、AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)のグループステージ第2戦でU-23タイ代表と対戦し、4-0で快勝。2連勝を果たし、決勝トーナメント進出を決めた。

 アルビレックス新潟FW鈴木武蔵は同試合に先発出場し、27分に先制点を挙げた。鈴木は「先制点を取れたというのはすごく大きかった。それまでチャンスがあったけど、ポストやクロスバーに弾かれていたから、決めたいという思いはすごくあった」と、当時の心境を振り返り、「前の試合(グループステージ初戦)では植田(直通)が取ってくれて、『FW陣ももっと頑張らないと』と個々で思っていたと思う。そこで点を取れたのは良かった」と、安堵感をにじませた。

 得点の場面については、「(ラストパスを出した浦和レッズMF遠藤航に)俺も要求していたし、目も合っていた。『裏に出して』と言っていたので、良いタイミングで良い呼吸だったかなと思う。感触はすごく良かった」と振り返った。

 手倉森誠監督が先発メンバーを複数名入れ替えた中、鈴木は攻撃陣で唯一、2試合連続のスタメン入りを果たした。鈴木は「(試合に)使ってくれるというのは非常にありがたいし、出してもらっている以上はやっぱり結果を求めたい。チームの勝利のために自分を使ってくれるということは、『勝利のために働いてくれ』ということ。そのために全力でやる。FWが(点を)取ったらチームも流れに乗るし、守備陣も無失点で来ているし、このままの勢いでいけたらなと思う」と、次戦以降を見据えた。

 U-23日本代表は次戦、19日にU-23サウジアラビア代表と対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー