岡崎が5試合ぶりの今季4点目…こぼれ球を泥臭く押し込むゴール

 

アストン・ヴィラ戦で2試合連続の先発出場となった岡崎慎司 [写真]=Getty Images

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、16日に行われたプレミアリーグ第22節のアストン・ヴィラ戦で、今シーズン4ゴール目を決めた。

 0-0で迎えた28分、相手DFの裏でロングボールを受けたレスターのジェイミー・ヴァーディがループシュートを放つと、相手GKマーク・バンが反応して弾き返したが、こぼれ球を岡崎がシュート。ボールはゴール内のバンに当たり、ノーゴールかと思われたが、ゴールラインテクノロジーにより得点が認められた。

 岡崎は昨年12月19日に行われた第17節のエヴァートン戦以来、5試合ぶりの4ゴール目。プレミアリーグで初めてプレーした日本人選手、MF稲本潤一(現コンサドーレ札幌)の通算ゴール数(66試合出場)に並んだ。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

チャットワーク、セキュリティ設定や管理機能を強化した法人向けプラン
[12:24 9/29] 企業IT
MRJ、北米フェリーフライトの写真公開--グラント・カウンティ空港へ
[12:20 9/29] 趣味
NECソリューションイノベータ、データ分析でブドウの収穫予測を自動判定
[12:16 9/29] 企業IT
わずか3gのBluetoothタグから人工衛星まで、変化を見せたKDDI ∞ Labo
[12:01 9/29] 企業IT
木星の衛星「エウロパ」で水蒸気が噴出か? - ハッブル宇宙望遠鏡が観測
[12:00 9/29] テクノロジー