FW久保裕也、初戦の悔しさ晴らす2ゴール「今日は取ろうと思った」

  [2016/01/17]

この日誕生日の南野(左)にPKを譲ることなく、久保(右)は自らしっかりと蹴り込んだ [写真]=Getty Images

 U-23日本代表は16日、AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)グループB第2戦で、U-23タイ代表に4-0で勝利を収めた。この結果、日本のグループステージ突破が決定。第3戦のサウジアラビア戦を残して、決勝トーナメント進出を決めた。

 この試合、途中出場したFW久保裕也は、「結構スペースが空いていたので、裏を狙おうと思っていました」と75分にDF岩波拓也からのスルーパスに抜け出し、チーム3点目を奪った。84分には自ら獲得したPKを冷静に沈めて、試合を決定付けた。久保は「1試合目点を取れなかったので、今日は取ろうと思った」と無得点に終わった北朝鮮戦での悔しさを晴らす2ゴールに胸を張った。

 日本は19日、グループステージ最終節でU-23サウジアラビア代表と対戦する。「立ち上がりもすごく良かったですし、FWの(鈴木)武蔵が最初に点を取れたことでチームが良い方向に向かった」と振り返った久保は、決勝トーナメントへ向けて「一発勝負なので先制点が取れればかなり楽になる。チームでもっとまとまっていけば勝てると思います」と気を引き締めた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Rust 1.9登場
[13:30 5/30] 企業IT
ドコモ、「P-01G」ソフト更新 - 着信拒否登録に関する不具合修正
[13:28 5/30] 携帯
オーテク、原音再生にこだわった新ダイナミック型イヤホン「ATH-CKR100」
[13:12 5/30] 家電
ドコモ、「AQUOS PHONE ZETA」ソフト更新 - パケットサービスの品質改善
[13:11 5/30] 携帯
imecなど、変換効率12%の半透明ペロブスカイト太陽電池モジュールを開発
[13:09 5/30] テクノロジー

特別企画 PR