三浦貴大が3人の女性との関係に揺れ…生々しい恋映す『マンガ肉と僕』予告

 

女優の杉野希妃が主演を務め、長編作として初めてメガホンも取る映画『マンガ肉と僕』(2016年2月11日先行、13日より全国公開)の予告映像とポスタービジュアルが15日、公開された。

映画『マンガ肉と僕』ポスタービジュアル

原作は、朝香式氏が新潮社より刊行した同名小説。気弱で引っ込み思案の青年・ワタベ(三浦貴大)は、大学になじめず孤独な日々を送っている。一方、同大学の熊堀サトミ(杉野)は、太ったみすぼらしい容姿から、周囲の嘲笑を受ける存在。自然に接してくれる唯一の存在・ワタベの優しさにつけ込んだ、サトミはワタベの自宅に転がり込んで寄生し支配していく。ワタベとサトミ、ワタベが好意を寄せる菜子(徳永えり)とさやか(ちすん)ら4人の歪んだ恋愛模様を映す。

予告映像は、特殊メイクを施した杉野演じるサトミが、講義室で隣の席を空けていたワタベに「ここ座っていい?」と尋ねるシーンから始まる。ワタベの家に寄生しながら、マンガのような肉や膨大な量のスナック菓子を食べ「嫌われるために太る女」サトミ。ついには、ワタベの食料も奪うようになっていく。

一方、ワタベはバイト先で菜子と知り合い、告白。しかし、実はその菜子も「愛に依存する女」で、強引にワタベとの関係を求めるようなる。場面が変わり、ワタベの眼前に姿を現したのは、見違えるほどに痩せたサトミ。弁護士の夢を持つさやかも登場し、ワタベは3人の女性の間で揺れていく。終盤では、さまざまな関係に疲れきったのか、菜子らにしがみつくワタベの痛々しい姿を捉えている。

同時に公開されたポスタービジュアルは、昭和の匂いもする映像の質感を生かした、各キャラをイラストで表現したデザイン。右端には、劇中でワタベが口にする「男の目は女の何を見るためにあるんやろ」という挑戦的なコピーが躍っている。なお、映画タイトルの下部に書かれている本作の英題"Kyoto Elegy"は、杉野が敬愛する溝口健二監督の『浪華悲歌』(36年)の英題"Osaka Elegy"を意識したものであるという。


(C)吉本興業

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

恋のドキドキ?死の予感?シロクマがアザラシに求愛「恋するシロクマ」2巻
[22:41 8/28] ホビー
[NEWS加藤シゲアキ]24時間テレビSPドラマ 代役・小山に感謝
[22:23 8/28] エンタメ
写真甲子園2016、キーワードは「お国言葉の写真」 - 写真の上手さ以前に求められるオリジナリティ
[21:51 8/28] スマホとデジタル家電
病気でフェロモンが出ちゃう男たちのBL「ドラッグレス・セックス」
[21:09 8/28] ホビー
長澤まさみ、神木隆之介らにアドバイス「堂々と歩けばいい!」
[21:00 8/28] エンタメ

本音ランキング