引退した西武・西口氏、台湾チームの臨時コーチ就任

  [2016/01/16]

◆ 通算182勝、昨シーズン限りで引退

 西武は16日、球団本部編成部の西口文也氏が、3月上旬~4月下旬までの間、台湾プロ野球チーム「統一ライオンズ」で臨時コーチを務めると発表した。期間中は「統一ライオンズ」のユニフォームを着用してコーチを務める。

 西口氏は現役21年間で通算182勝をマーク。90年代後期からエースの座に君臨し、15勝(5敗)を挙げた97年はリーグMVP、沢村賞、最多勝、勝率、奪三振と、先発投手部門の賞レースを総なめした。

 昨シーズン限りでユニフォームを脱ぎ、10月下旬に球団本部編成部の所属になることが発表。今後は台湾・中国・オーストラリア・日本の独立リーグなどを視察しながらチームをバックアップする。

 同氏は球団を通じ、「野球を間近に見られ、経験できることは自分の財産にもなる。しっかりと勉強したいと思います」と意気込みを語っていた。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[菜々緒]スタッフのミスに“鉄拳制裁” 強烈ビンタは否定も…
[12:25 5/28] エンタメ
[山崎賢人]初めての相手は菜々緒 強烈ビンタに「気持ちよかった」
[12:02 5/28] エンタメ
「ポーの一族」新作や萩尾望都×山岸凉子の対談がflowersに、穂積の新連載も
[12:00 5/28] ホビー
くりぃむ上田がご満悦… ダメージジーンズ作りに「最高の出来」
[12:00 5/28] エンタメ
[とと姉ちゃん]“朝ドラ女優”ブレークの秘密 「森田屋」秋野暢子&ピエール瀧が語る
[12:00 5/28] エンタメ

特別企画 PR