岡崎所属のレスター、ガーナ代表DFにオファーか…今冬の獲得を狙う

コペンハーゲンでプレーするDFアマーティ [写真]=FrontzoneSport via Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが、コペンハーゲン所属のガーナ代表DFダニエル・アマーティの獲得を狙っており、すでにオファーを出したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日付で伝えている。

 周囲の期待を上回る怒濤の快進撃を続け、現在プレミアリーグ2位につけるレスター。今シーズン序盤は失点が多かったものの、直近の公式戦5試合ではわずか3失点と守備も改善している。レスターは今冬の移籍市場で守備陣のさらなる強化を画策しており、移籍金600万ポンド(約10億円)でアマーティの獲得を狙っている模様。

 レスターからの興味についてコペンハーゲン側は、「我々がダニエル・アマーティをイングランドのレスター・シティに売却する予定という噂がある。レスターからダニエル・アマーティにオファーがあったことはすでに確認している。移籍に向けた交渉は現在進行中だ。もし交渉がまとまれば記者会見を行うことになるだろう」と表明している。

 2014年にユールゴーデンからコペンハーゲンに加入した現在21歳のアマーティは、ガーナ代表として6試合の出場経験がある。同選手はかつてリヴァプールからの興味も報じられており、他クラブとの争奪戦になる可能性もありそうだ。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事