Apple Music/iTuens Storeで10日に逝去したDavid Bowieの追悼ページが公開

稲葉雅巳
 

アップルは、Apple Music/iTuens Storeで10日に逝去したDavid Bowieの追悼ページを公開した。ともに「デヴィッド・ボウイを偲んで」というタイトルの特設ページで、遺作となった「★(Blackstar)」をはじめとしたアルバムやEP、ミュージックビデオのほか、Apple Musicでは「Beats 1」のZane Loweによるトリビュートプログラムやさまざまなプレイリスト、iTuens Storeでは出演映画やブック/オーディオブックが紹介され、Ziggy Stardust時代のギャラリーも併設されている。

16日に開設された両ページでは、69歳の誕生日(1月8日)にリリースされた「★(Blackstar)」をはじめ「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」「"Heroes" 」「Let's Dance」や「1.OUTSIDE」などのオリジナルアルバムのほか、コンピレーションアルバムや「Stage」などのライブアルバム、リミックス版に「Absolute Beginners」などのサウンドトラック、EPやミュージックビデオが紹介されている。

Apple Musicでは「New」のメニューに追悼ページが設置され、「Beats 1」のZane Loweによるトリビュートプログラム、「デヴィッド・ボウイ:ブラックスターに参加したミュージシャン」など、さまざまなプレイリストをピックアップ。

iTuens Storeにおいては、「Masters for iTunes」としてリリースされたリマスター作品、デラックス/エクステンデッド版、「最後の誘惑 The Last Temptation of Christ」などの映画出演作、ブック/オーディオブックといった「コレクション」に加え、Brian WardによるZiggy Stardust時代に撮影した有名な写真が「ギャラリー」の中で紹介されている。

David Bowieは、2004年に敢行された「Realityツアー」中、ハンブルクで動脈瘤による前胸部の痛みを訴え緊急入院、以後、活動を休止し、引退同然の状態であるとも言われていたが、2011年の誕生日に新曲「Where Are We Now?」とアルバム「The Next Day」のリリースがアナウンスされ、シーンにカムバック。2015年には、映画主演作『地球に落ちてきた男』が舞台化され、自身もプロデュースを担当することが発表された。今年になって、前述の通り、69歳の誕生日に「★(Blackstar)」をリリースしたのだが、その3日後、オフィシャルWebサイトなどを通じて、癌により死去したことが公表された。同サイトでは、彼は18カ月、癌との勇気ある闘いの後、家族に囲まれ穏やかに息を引き取った、と伝えている。

iTuens Storeの追悼ページ「デヴィッド・ボウイを偲んで」

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

3Dプリンタで会社生活の悩みを解決しよう! 第1回 どれが自分のビニ傘か一発でわかる「傘タグ」
[11:00 7/29] テクノロジー
「2016年夏ドラマ」19作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ
[11:00 7/29] エンタメ
こぶしファクトリー「"こぶし組"の輪を広めて有名なグループに」と意気込み
[11:00 7/29] エンタメ
シリコンバレー101 第670回 ポケモンGO便乗アプリ、成功したアプリとつまづいたアプリの違い
[11:00 7/29] 企業IT
竹尾の紙に"電子回路を印刷" - 「紙のミライ」を探る企画展
[11:00 7/29] 企業IT