米Baidu Research、NVIDIA GPU対応のOSS機械学習ソフトウェアを発表

 

米Baidu ResearchのSilicon Valley AI Labは1月14日(現地時間)、機械学習ソフトウェア「Warp-CTC」をオープンソースとしてリリースした。「Warp-CTC」は、CTCアルゴリズムを用いた機械学習ソフトウェアで、NVIDIA GPUにも対応している。

CTCアルゴリズムとは、スイスのIDSIAによって開発された手法。シーケンス予測による、入出力学習なしでの教師あり学習に使われている。

音声認識システム「Deep Speech」を開発する過程での成果物だという。オープンソースフレームワーク「Torch」で利用可能なCライブラリをサポートしており、Nervana Systemsの「Neon」でも使うことができる

オープンソースとして公開し、作成したコードの重要部分を共有することにより、機械学習コミュニティの貢献を行えるとしている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Parrot、80km/hで飛行可能な固定翼ドローン「Parrot Disco」を発表
[17:44 9/27] テクノロジー
小林麻耶、意外な一面を告白「イメージとは違い...甘えるのが苦手」
[17:44 9/27] エンタメ
外国人観光客、ランチ平均単価は1,644円 - 最も高額なのはどの地域の人?
[17:32 9/27] マネー
公共料金の「ビットコイン払い」が可能に!? - まずは"電気代"から
[17:28 9/27] マネー
ふるさと納税を申し込んだ理由、1位は?
[17:27 9/27] マネー

求人情報