米Baidu Research、NVIDIA GPU対応のOSS機械学習ソフトウェアを発表

米Baidu ResearchのSilicon Valley AI Labは1月14日(現地時間)、機械学習ソフトウェア「Warp-CTC」をオープンソースとしてリリースした。「Warp-CTC」は、CTCアルゴリズムを用いた機械学習ソフトウェアで、NVIDIA GPUにも対応している。

CTCアルゴリズムとは、スイスのIDSIAによって開発された手法。シーケンス予測による、入出力学習なしでの教師あり学習に使われている。

音声認識システム「Deep Speech」を開発する過程での成果物だという。オープンソースフレームワーク「Torch」で利用可能なCライブラリをサポートしており、Nervana Systemsの「Neon」でも使うことができる

オープンソースとして公開し、作成したコードの重要部分を共有することにより、機械学習コミュニティの貢献を行えるとしている。



イチオシ記事

新着記事