ドコモ、無料の電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を3月提供開始

NTTドコモは15日、薬局が電子お薬手帳を導入し、顧客の状態に応じた服薬指導が実施できるサービス「おくすり手帳Link」を3月より提供すると発表した。

「おくすり手帳Link」概要

「おくすり手帳Link」は、薬局向けのシステムと対応アプリで構成された電子お薬手帳サービス。薬局・薬剤師側は、顧客から共有された、過去の調剤情報やアレルギー歴などの服薬情報を確認でき、ひとりひとりの状態に応じた服薬指導が行える。顧客側は、アプリの利用により、調剤明細書などに印字された電子お薬手帳向けのQRコードなどから、調剤情報をスマートフォンに取り込むことで、薬の効能や用法・容量の確認、服薬実績、体調変化などを自身で管理できる。

専用アプリイメージ

薬局・薬剤師側のシステムの料金(税別)は、初期設定費用が5,000円、月額の利用料金が3,000円となる。対応機器は、Windows 7以降、Internet Explorer 11以降を搭載したPCもしくは、Android 4.3以降、iOS 9.0以降でGoogle Chromeに対応したタブレット。

アプリの利用料金は無料。対応機器は、Android 4.3以降、iOS 8.0以降を搭載したスマートフォン。Google Play、App Store、dメニューからダウンロード可能。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事