正月太りを実感している女性は約9割、塩分の取りすぎと運動不足が原因

 

decencia(ディセンシア)はこのほど、30代~40代の有職者女性155名に対して実施した、正月の過ごし方と肌状態に関する意識調査の結果を発表した。

「正月は塩分の取りすぎと運動不足によって、9割以上が毎年正月太りを実感」

それによると、8割以上が正月は塩分を取りすぎてしまうと回答しており、その中で約9割が運動も疎かになってしまい、それらの条件を満たす人の約9割が毎年"正月太り"をしてしまうと回答した。この結果に対して同社は、「正月の時期は塩分の多いものを取りすぎてしまい、その塩分によって体がむくみやすくなります。それに加えて運動不足になることで代謝も悪くなり、エネルギーが消費されないまま代謝も落ちて太りやすくなるという悪循環ができやすくなっているのです」と解説している。

「この時季の肌悩みを教えてください」(複数回答可 n=155)

また、この時季の肌悩み聞いたところ、「かさつく」「ごわつく」といった回答が多く、乾燥や冷えによる肌の悩みを感じている人が多いことが分かった。同社はその原因を「周囲の環境として気温も下がっていることや、皮膚の温度も下がることで、乾燥が起こりやすくなっています」と説明し、さらに「この乾燥によって、肌状態が悪化する原因でもある『角質肥厚(かくしつひこう)』が起こりやすくなっています」と警告している。

「角質肥厚」は角質が厚く肥えてしまう現象で、乾燥や食生活の乱れ、新陳代謝の悪化によってターンオーバーが乱れ、細胞が未熟なまま角層までたどり着き、水分が奪われた角層を守ろうと分厚く積み重なることで発生する。このように乱れた角層は面積が小さく隙間だらけの為、バリア機能が不十分であり、セラミド等保湿成分が不足したり、外部刺激の影響を受けやすくなったり、分厚く重なっていることでくすんで見える原因にもなるという。

正月明けのこの時期、生活の乱れから起こる"体の正月太り"と、肌の乾燥等によって引き起こされる"角質の正月太り"ともいえる「角質肥厚」を一緒に解消するために、代謝を上げることが有効とのこと。同社は、体内の巡りを良くするため、そして肌のバリア機能を高めて乾燥に強い肌をつくるため、代謝を上げるケアを心かげようと呼びかけている。

同調査は、30代~40代の有職者女性155名を対象とし、2015年12月22日~27日の期間にインターネットによるアンケートで行われた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事