英で世紀の大逆転劇…終了間際の連続3ゴールで2点差ひっくり返す

 

トランメア・ローヴァーズ(写真は2015年)

 イングランドのナショナル・リーグ・カンファレンス・プレミア(5部相当)で、世紀の大逆転劇が生まれた。

 舞台となったのは、9日に行われたバロー対トランメア・ローヴァーズ戦。試合はホームのバローが1-1で迎えた82分に勝ち越しゴールを奪い、87分に追加点。2点をリードして、間もなくアディショナルタイムに突入しようとしていた。

 表示されたアディショナルタイムは5分。さすがにバローの勝利は間違いないかに思われたのだが…ここからアウェーのトランメア・ローヴァーズが後世に残る大仕事をやってのける。

 90分が経過する直前にまずは1点を返すと、その2分後には試合を振り出しに戻す。そして試合終了ギリギリの後半アディショナルタイム5分に逆転弾を決め、なんとわずか5分間でスコアを1-3から4-3にひっくり返してしまったのだ。

 この試合の得点経過は以下のとおり。

0-1 18分 アダム・メッキ(PK)(トランメア・ローヴァーズ)
1-1 67分 ジェイソン・ウォーカー(PK)(バロー)
2-1 82分 サイモン・グランド(バロー)
3-1 87分 アンディ・クック(バロー)
3-2 90分 ロイス・メイナード(トランメア・ローヴァーズ)
3-3 90+2分 ジェフ・ヒューズ(トランメア・ローヴァーズ)
3-4 90分+5分 ジェイク・カービー(トランメア・ローヴァーズ)

 サッカーファンの間では、後半アディショナルタイムに2点を取って逆転した1998-99シーズンのチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・U対バイエルン戦が有名だが、そんな「カンプ・ノウの奇跡」を超える大逆転ぶりであった。

(記事提供:Qoly)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Windowsスマートチューニング 第406回 Win 10編: Anniversary Update適用後に起きるWebカメラの不具合を回避する
[19:15 8/24] パソコン
メルセデス・ベンツ、新型「CLA」「CLA シューティングブレーク」販売開始
[18:56 8/24] ホビー
ローランド、30種以上の新製品を発表するオンラインフェスティバルを開催
[18:55 8/24] スマホとデジタル家電
ウィル・スミス、マーゴット・ロビーへの思い大胆告白「ずっと共演してもいい」
[18:51 8/24] エンタメ
メルセデス・ベンツ、新型「CLA」を発表 - 全モデルAndroid Autoに対応
[18:50 8/24] テクノロジー