レアル&アトレティコ、補強禁止処分に抗議の姿勢示す「事実無根」

  [2016/01/15]

レアルのジダン監督(左)とアトレティコのシメオネ監督(右) [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は14日、18歳以下の選手の国際移籍に複数のルール違反があったとして、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードに罰金と補強禁止の処分を言い渡した。この決定に対し、両クラブが反対の姿勢を示している。

 レアル・マドリードは、クラブ公式HPを通じて声明を発表。18歳未満の選手をスペインサッカー連盟(RFEF)に登録せずにプレーさせたこと、規定を満たさずに18歳未満の選手と最初の契約を締結または海外から獲得したこと、ユースチームでプレーする選手たちをREFFに通達していなかったことの3点に対して「事実無根である」と反論し、抗議に臨む意思を表明した。

 また、アトレティコ・マドリードも公式HP上で疑いを否定。エンリケ・セレソ会長は「抗議をする。我々には権利がある。予想だにしなかった初めての通知だ。我々が厚い選手層を抱えているとしても、誰も獲得できないなんてことは問題だ」と主張したと、14日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 処分が決定すれば、両クラブは2016年夏と2017年冬の2度にわたる補強活動が禁止されるが、正式決定までには90日の猶予が与えられている。なお、バルセロナも同様の理由で2015年の冬と夏を対象に補強禁止処分が下されていたが、今冬の移籍市場で解禁となっていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「上司とSNSでつながりたくない」は63.6%
[09:32 5/26] マネー
4年間で観客動員数165%… 横浜DeNAが驚異的な観客増を達成できた理由
[09:00 5/26] エンタメ
セキュアなIoTドローンが飛ぶ! 次世代Javaの世界観が示されたJava Day Tokyo 2016
[09:00 5/26] 企業IT
【連載】ハンズオンで身につく! 初めてのActive Directory on IaaS 第8回 AD FSのセットアップ
[09:00 5/26] 企業IT
ドリーム・アーツ、「店長の承認機能」などを追加した「Shopらん」の最新版
[09:00 5/26] 企業IT

特別企画 PR