ニコン、厚さ約2cmの「COOLPIX A100」 - 単3電池対応モデルも

 

ニコンイメージングジャパンは1月14日、コンパクトデジタルカメラの新製品として、「COOLPIX A100」と「COOLPIX A10」の2モデルを発表した。発売は1月28日。価格はオープンで、推定市場価格(税込)はCOOLPIX A100が13,000円前後、COOLPIX A10が11,000円前後。

上段はCOOLPIX A100、下段はCOOLPIX A10

COOLPIX A100

COOLPIX A100は薄型・軽量のボディが特徴のコンパクトデジタルカメラ。シルバーとレッドの2色を用意する。本体の厚さは19.8mmで、重量は119g(バッテリーとSDメモリーカード含む)。有効画素数2,005万画素の撮像素子、35mm判換算時で広角26mm相当から望遠130mm相当になる光学5倍ズームのNIKKORレンズを搭載する。ダイナミックファインズーム時で約10倍の望遠撮影も可能だ。

撮影時にイメージに合った効果を選んで撮影できる「スペシャルエフェクト」8種類、撮影後に色合いや雰囲気を変更できる「クイックエフェクト」6種類など画像編集機能を搭載。撮影後に顔の印象を調整できる12種類の「メイクアップ効果」も用意する。

COOLPIX A100

主な仕様は、撮像素子が有効2,005万画素の1/2.3型原色CCD、レンズの開放F値がF3.2~F6.5、レンズ構成が5群6枚、対応感度がISO80~ISO1600(オート撮影モード時は最大3200)。背面のディスプレイは約23万ドット / 2.7型の液晶方式。

記録メディアは約25MBの内蔵メモリのほか、SD / SDHC / SDXCメモリーカードを利用可能。記録形式は静止画がJPEG、動画がAVI(M-JPG)、動画の記録画素数は最大1,280×720ドット(HD) / 29.97p。

電源は充電池「EN-EL19」を使用する。撮影枚数は静止画が約250枚、動画撮影時間が約1時間5分。本体サイズは約W94.5×D19.8×H58.6mm、重量は約119g(電池およびSDメモリーカード含む)。

COOLPIX A10

COOLPIX A10は、 有効画素数1,614万画素の撮像素子を搭載したエントリーモデル。シルバーとレッドの2色を用意する。電源に単3形電池×2本を採用しており、旅行など外出先でも入手しやすい。カメラ任せで撮影できる「おまかせシーンモード」のほか、画像編集機能として「スペシャルエフェクト」6種類、「クイックエフェクト」10種類を備える。

内蔵メモリが約17MB。撮影枚数はアルカリ乾電池を使用した場合で静止画が約200枚、動画撮影時間が約1時間25分。本体サイズは約W96.4×D28.9×H59.4mm、重量は約160g(電池およびSDメモリーカード含む)。そのほかの仕様はCOOLPIX A100とほぼ同様だ。

COOLPIX A10

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー