ヤマハ「ビーノ XC50D」2016年モデルの発売を発表

 

ヤマハ発動機は14日、原付一種スクーター「ビーノ XC50D」のカラーリング設定、およびグラフィックを変更した2016年モデルを2月15日に発売すると発表した。

「ビーノ XC50D」左が「Vino Girl」、右が「Vino Boy」

ビーノ XC50Dは、女の子らしい色あいの「Vino Girl」と、ボーイッシュでアクティブなイメージの「Vino Boy」という2つのスタイルを設定する、レトロポップなスタイルの原付一種スクーター。

カラーリングは、Vino Girlが「マットダークグレーメタリック1(マットグレー/ベージュ) 」「パープリッシュレッドメタリック5(ピンク/ベージュ)」「ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)」「ダークグレーイッシュブルーメタリックA(ブルー/ベージュ)」の4色、Vino Boyが「ブラックメタリックX(ブラック/ブルー)」「ホワイトメタリック1(ホワイト/ブラック)」の2色が用意されている。

また、メーターはレトロ感と新しさが調和するVinoロゴをあしらった新デザインとした。ビーノ XC50Dの価格は20万4,120円(税込)。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

国内初、BIMデータを使用した建築確認申請で確認済証が交付
[12:38 9/1] テクノロジー
2面タッチスクリーンは想像以上に使える印象!! - 「Yoga Book」ファーストインプレッション
[12:27 9/1] パソコン
下村尊則あらため下村青、『吉良奈津子』でTVドラマデビュー「青天の霹靂」
[12:17 9/1] エンタメ
日本エイサー、スリムボディでもハイスペックのゲーミングデスクトップPC
[12:04 9/1] パソコン
スバル新型インプレッサ「SPORT」「G4」先行予約開始 - 安全機能さらに強化
[12:03 9/1] ホビー