G-Tune、Skylakeのi7とGeForce GTX 980M搭載のハイエンドゲーミングノート

 

マウスコンピューターは14日、ゲーミングブランド「G-Tune」から、NVIDIA GeForce GTX 980Mや15.6型4K対応IGZO液晶を搭載したゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5910」シリーズを発売した。BTOに対応し、税別価格は219,800円から。

NEXTGEAR-NOTE i5910シリーズ

NVIDIA GeForce GTX 980M(8GB)は、NVIDIのノートPC向けGPUとしてハイエンドに位置する(2016年1月時点)。専用ソフトウェアと「GPU Switch」機能によって、使用GPUをGeForceに固定すると、互換性問題や外部映像出力の解像度制限を改善できる。本体にはHDMI出力とDisplayPort出力×2があり、本体の液晶ディスプレイを含めて、最大4画面の同時出力が可能。3系統の外部映像出力は、すべて4K(3,840×2,160ドット)対応だ。

NEXTGEAR-NOTE i5910シリーズには4モデルが用意され、メモリ容量とストレージによってグレードが異なる。共通の仕様として、CPUが第6世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Skylake)のIntel Core i7-6700HQ(2.60GHz)、チップセットがMobile Intel HM170 Express、OSがWindows 10 Home 64bit版。光学ドライブは搭載しない。

15.6型の液晶ディスプレイは、シャープ製のIGZO液晶(IPS方式)。解像度は4K(3,840×2,160ドット)で、画面はノングレア(非光沢)だ。バッテリ駆動時間は約4時間となっている(JEITA 2.0)。

インタフェース類は、Gigabit Ethernet対応有線LAN、理論値最大150MbpsのIEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、SD/SDHC/SDXCメモリーカードスロット、USB 3.0×4、ヘッドホン出力、マイク入力、S/PDIF、HDMI、DisplayPort×2など。本体サイズは約W385×D275×H29mm、重量は約2.6kg。

各グレードにおけるメモリ容量とストレージ、税別価格は以下の通り。

「NEXTGEAR-NOTE i5910BA1」は、PC4-17000 8GB、500GB SATA HDD、219,800円。

「NEXTGEAR-NOTE i5910SA1」は、PC4-17000 16GB、120GB M.2 SATA SSD+1TB SATA HDD、239,800円。

「NEXTGEAR-NOTE i5910GA1」は、PC4-17000 32GB、256GB M.2 PCIe Gen3 x4 SSD+1TB SATA HDD、279,800円。

「NEXTGEAR-NOTE i5910PA1」は、PC4-17000 64GB、512GB M.2 PCIe Gen3 x4 SSD+2TB SATA HDD、349,800円。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Googleお役立ちテクニック - Googleドライブでファイルやフォルダを共有する
[00:00 8/30] パソコン
SMAP、解散発表後『スマスマ』で連携プレー - 中居「タイムリーといえば?」
[23:25 8/29] エンタメ
[魔法少女育成計画]追加キャストに水瀬いのり、日笠陽子、西明日香 姉妹声優が双子役に
[22:26 8/29] ホビー
[ガーリッシュ ナンバー]キービジュアル公開 主人公は可愛くクズな新人声優
[22:23 8/29] ホビー
「黒執事」茶屋や「鬼灯の冷徹」原画展、京まふの詳細が続々と明らかに
[22:18 8/29] ホビー