東京都・池袋東武に、新潟米や新鮮な魚料理を提供する和食店オープン

フォーシーズは1月14日、「大かまど飯 寅福 東武池袋店」を同日リニューアルオープンの「池袋東武」(東京都豊島区)レストラン街「スパイス」13階に開店した。

提供メニュー(イメージ)

大かまど飯 寅福は、旬の食材を使った一品料理や大羽釜で炊き上げた新潟産の厳選米を提供する和食屋。東武池袋店限定で、全国の漁港から水揚げした産地直送の魚介も提供する。

産地直送鮮魚を使ったメニューには、煮付けや焼きなど、好みの調理が楽しめる「本日のお魚御膳」(3,800円)や「生まぐろのお刺身」(1,300円)、「お刺身二種盛り合わせ」(1,800円)、「お刺身五種盛り合わせ」(2,600円)が登場。

昼には、「本日の焼き魚」「本日の揚げもの」「豚の和風生姜焼き」「揚げ豆腐と季節野菜の煮おろしがけ」のうち2品が選べる「選べる二種盛り定食」(1,580円)のほか、「本日の焼き魚定食」(1,350円)、「牛肉豆腐定食」(1,400円)、「本日の魚煮付け定食」(1,400円)、「牛すき焼き定食」(1,900円)を販売する。

「本日の魚煮付け定食」(1,400円)

夜御膳には、「米沢豚の和風生姜焼き」「赤魚の加賀味噌漬け焼き」「豆腐と野菜の黒酢あんかけ」「カキフライ(+200円)」「旬のお刺身盛り合わせ(+300円)」より2品選べる「選べる二品 寅福の夜御膳」(1,800円)や、「千葉県匝瑳市産 寅福のたまご焼き」や「山形米沢豚のやわらか煮」などが楽しめる「おいしい物づくし御膳」(2,800円)を用意している。

そのほかにも、「まぐろの漬けと長芋とオクラのサラダ」(680円)、「米沢豚とゴボウの玉子とじ」(980円)、「寅福の手作りコロッケ」(660円)といった一品料理やお酒を楽しめるとのこと。

店内イメージ

営業時間は、11時~22時(ラストオーダーは21時)。席数は、全62席。価格は全て税別。

※「寅福」の「福」は、正式には左側は「示」

人気記事

一覧

2016年12月10日の運勢

イチオシ記事

新着記事