パナソニック、日本語版Cortanaを正式搭載した「Let'snote」2016年春モデル

 

パナソニックは14日、同社製PC「Let'snote」シリーズの2016年春モデル4製品を発表した。

店頭モデルのラインナップは、2015年秋冬モデルを踏襲する形で、光学ドライブ搭載の12.1型ノートPC「Let'snote SZ5」、745gの10.1型モバイルPC「Let'snote RZ5」、12.5型液晶を搭載した2-in-1ノートPC「Let'snote MX5」、14型液晶を搭載したノートPC「Let'snote LX5」の4シリーズを用意する。

春モデルでは、2015年11月にリリースされたWindows 10 November updateを搭載し、日本語版Cortanaを正式搭載した。また、全モデルでOffice Home and Business Premium プラス Office 365サービスが付属する。

発売日は1月22日で、Let'snote SZ5のWindows 7ダウングレード版のみ1月29日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は195,000円前後から。「Let'snote SZ5」については詳細を別記事で紹介し、ここでは「Let'snote RZ5」「Let'snote MX5」「Let'snote LX5」の2016年春モデルを紹介する。

Let'snote RZ5

「Let'snote RZ5」シルバーモデル

「Let'snote RZ5」は、最軽量モデルで約745gとなる、コンバーチブル仕様の10.1型モバイルPC。液晶を背面に360度倒すことができるコンバーチブル仕様だ。2015年秋冬モデルからOSのみアップデートした。

Core m3モデルとCore m5モデルの2種類をラインナップし、Core m5モデルでは、LTE対応の「CF-RZ5HFMQR」、LTE非対応の「RZ5HDLQR」の2種類を用意する。店頭予想価格は、前者が275,000円前後、後者が245,000円前後。

主な仕様は共通で、CPUがIntel Core m5-6Y54(1.10GHz)、メモリが8GB、ストレージが256GB SSD、光学ドライブが非搭載、ディスプレイが10.1型(1,920×1,200ドット、タッチ対応)、OSがWindows 10 Pro 64bitなど。通信機能はIEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LANとBluetooth 4.1。フルHD対応Webカメラも搭載する。

本体サイズはW250×D180.8×H19.5mm、重量はLTE対応モデルが約770g、非対応モデルが約745g。バッテリ駆動時間は共通で約11時間(JEITA 2.0)。

「Let'snote RZ5」ブルー&カッパーモデル

Core m3モデルでは、LTE対応の「CF-RZ5GFEPR」、非対応の「CF-RZ5GDFPR」の2製品をラインナップする。店頭予想価格は、LTE対応モデルが220,000円前後、LTE非対応モデルが195,000円前後。

主な仕様は共通で、CPUがIntel Core m3-6Y30(0.90GHz)、メモリが4GB、ストレージが128GB SSDなど。光学ドライブやディスプレイ、通信機能、本体サイズはCore m5モデルと同じ。重量はLTE対応モデルが約770g、非対応モデルが約745g。バッテリ駆動時間は共通で約11.5時間(JEITA 2.0)。

カラーはシルバーだが、Core m5のLTEモデルがウォームゴールド&カッパー、同非対応モデルがシルバー。Core m3モデルのLTEモデルがブルー&カッパー、同非対応モデルがシルバー。

Let'snote MX5

「Let'snote MX5」ブルーレイディスクドライブ搭載モデル

「Let'snote MX5」DVDドライブ搭載モデル

ディスプレイを背面に向かって360度回転できる12.5型2-in-1ノートPC。こちらも2015年秋冬モデルからOSがアップデートされた。

ラインナップはLTE対応のCore i7モデル「CF-MX5JFYQR」と、LTE非対応のCore i5モデル「CF-MX5HDGPR」の2モデル。店頭予想価格はCore i7モデルが320,000円前後、Core i5モデルが225,000円前後。カラーはいずれもシルバー。

Core i7モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6500U(2.50GHz)、メモリが8GB、ストレージが256GB SSD、光学ドライブがブルーレイディスクドライブ、ディスプレイが12.5型液晶(1,920×1,080ドット、タッチ対応)、カメラ機能がHD対応、OSがWindows 10 Pro 64bitなど。通信機能はIEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LANとBluetooth 4.1、Gigabit対応有線LAN。

本体サイズはW301.4×D210×H21mm、重量は約1.255kg。バッテリ駆動時間は約12時間(JEITA 2.0)。

Core i5モデルは、上記仕様からOSがWindows 10 Home 64bitに、CPUをCore i5-6200U(2.30GHz)に、ストレージを128GB SSDに、光学ドライブをDVDスーパーマルチに変更する。本体サイズも同等だが、重量は約1.198kg。

「Let'snote MX5」は360度液晶が回転する2-in-1仕様だ

Let'snote LX5

「Let'snote LX5」ブルーレイディスクドライブ搭載モデル

「Let'snote LX5」DVDドライブ搭載モデル

14型液晶と光学ドライブを搭載したノートPC。ラインナップはCore i7モデル「CF-LX5JD9QR」、Core i5モデル「CF-LX5HDAQR」の2種類。店頭予想価格はCore i7モデルが285,000円前後、Core i5モデルが200,000円前後。カラーはいずれもシルバー。

Core i7モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6500U(2.50GHz)、メモリが8GB、ストレージが256GB SSD、光学ドライブがブルーレイディスクドライブ、ディスプレイが14型液晶(1,920×1,080ドット)、OSがWindows 10 Pro 64bitなど。

通信機能はIEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LANとBluetooth 4.1、Gigabit対応有線LANで、フルHD対応のWebカメラを搭載。バッテリパックはLサイズを同梱し、バッテリ駆動時間は約19時間(JEITA 2.0)。本体サイズはW333×D225.6×H24.5mm、重量は約1.455kg。

Core i5モデルでは、上記仕様から、CPUをCore i5-6200U(2.30GHz)に、ストレージを500GB HDDに、光学ドライブをDVDスーパーマルチに変更。バッテリパックもSサイズとなり、バッテリ駆動時間は約7.5時間(JEITA 2.0)となる。重量は約1.37kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事