パナソニック、Win 7ダウングレード版を追加した「Let'snote SZ5」春モデル

 

パナソニックは14日、DVDスーパーマルチドライブ搭載の12.1型ノートPC「Let'snote SZ5」の2016年春モデルを発表した。発売は1月22日。価格はオープンで、店頭予想価格は215,000円前後から(以下すべて税別)。

「Let'snote SZ5」2016年春モデル

春モデルは、フルリニューアルを果たした2015年秋冬モデルの基本仕様を踏襲。強化点としては、Core i5モデルで標準メモリを4GBから8GBへ増加したこと、Windows 7 ダウングレード版を用意したこと。また、OSは、2015年11月にリリースされたWindows 10初のメジャーアップデート版「Windows 10 November update」を全モデルで採用する。

Core i5モデル

OSがWindows 10 Pro 64bitの「CF-SZ5HDLQR」と、Windows 10 Home 64bitの「CF-SZ5HDKPR」の2機種をラインナップ。本体カラーはシルバー。店頭予想価格は前者が235,000円前後、後者が215,000円前後で、いずれもOffice Home and Business Premium プラス Office 365サービスが付属する。

Windows 10 Pro搭載モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i5-6200U(2.30GHz)、メモリが8GB、ストレージが128GB SSD、光学ドライブがDVDスーパーマルチなど。通信機能がIEEE802.11ac/a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、Gigabit対応有線LAN。フルHD対応Webカメラも搭載する。

バッテリパックはSサイズのみ同梱し、バッテリ駆動時間は約14時間(JEITA 2.0)。本体サイズはW283.5×D203.8×H25.4mm、重量は約929g。

Windows 10 Home搭載モデルでは、上記仕様からストレージが750GB HDD、バッテリ駆動時間が約11.5時間(JEITA 2.0)、重量が約1.02kgとなる。

「Let'snote SZ5」シルバーモデル

Windows 7 ダウングレードモデル

Windows 10からのダウングレードモデル。基本仕様は上記のWindows 10 Home搭載モデルとほぼ同等だが、Bluetoothのバージョンが4.0に、バッテリ駆動時間が11時間に変更となる。なお、このモデルのみ1月29日発売となる。

Core i7モデル

「Let'snote SZ5」ブラックモデル

LTE対応の有無で2モデルを用意する。LTE対応の「CF-SZ5JFMQR」は、店頭予想価格が280,000円前後、LTE非対応の「CF-SZ5JDMQR」は260,000円前後。本体カラーはブラック。

LTE以外の仕様は共通で、CPUがIntel Core i7-6500U(2.50Hz)、メモリが8GB、ストレージが256GB SSD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、カメラ機能がフルHD対応Webカメラなど。通信機能がIEEE802.11ac/a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、Gigabit対応有線LAN。OSはWindows 10 Pro 64bit。

バッテリパックはLサイズのみ同梱し、バッテリ駆動時間は約21時間(JEITA 2.0)。本体サイズはW283.5×D203.8×H25.4mm。重量はLTE対応モデルが約1.05kg、非対応モデルが約1.025kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

橋本マナミ、高畑容疑者は「本能のまま動く子」- 告白された時の印象語る
[13:47 8/26] エンタメ
[柴咲コウ]大河主演で「負けず嫌い発揮したい」 井伊直虎の命日にお参り
[13:46 8/26] エンタメ
CEDEC 2016 - ワコムブースで「ZBrush」と「Cintiq 27 QHD」を体験する
[13:36 8/26] パソコン
橋本マナミ、言い寄られていた高畑逮捕に「ビックリ」 - 洞察力に称賛の声
[13:24 8/26] エンタメ
林家正蔵、徳川家康役決定で「鳴かぬなら おうちで飼おう ホトトギス」
[13:24 8/26] エンタメ