検索エンジン「Elasticsearch」、Solrの人気を超える

Knowledge Base of Relational and NoSQL Database Management Systems

solid ITは1月12日(ドイツ時間)、「Elasticsearch replaced Solr as the most popular search engine」において、全文検索エンジン「Elasticsearch」の人気がSolrの人気を超えたと伝えた。これまで検索エンジンカテゴリではSolrが最も高い人気を誇っていたが、人気上昇が続いているElasticsearchに抜かれる形になった。

DB-Enginesの人気度はWebサイトにおいてどの程度言及されているか、ソーシャルネットワークサービスにおいてどの程度技術的な議論の対象になっているか、そのデータベースを使用することを前提とした求人情報がどの程度出ているかなど、複数のパラメータを使って決定されている。

Solrを使う求人情報はこの3年間で2倍に増加しているが、同時期におけるElasticsearchを使う求人情報は20倍に増加しているという。現段階ではまだSolrを使う求人のほうがElasticsearchよりも30%以上多いとされているが、現在の傾向を加味すると数カ月後には状況が逆転するのではないかと指摘されている。

SolrもElasticsearchも大元のエンジンとしてApache Lucene Coreライブラリを使用しており、双方ともJavaで開発されている。どちらもオープンソース・ソフトウェアとして公開されており、相互に入れ替えしやすいとされている。求人情報の動向などを加味すると、SolrからElasticsearchに移行するユーザーに加え、そもそも検索エンジンを利用する機会が増えているのではないかといった指摘もされている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事