SCSK、米Lastline製品を活用した標的型攻撃の監視・防御サービス

SCSKは1月13日、標的型攻撃を検知する「標的型攻撃監視サービス」と、標的型攻撃に起因する情報漏えい被害を防ぐ「標的型攻撃防御サービス」を同日より提供すると発表した。

同サービスでは、米Lastlineのサンドボックス製品を活用。同社は2014年12月に日本市場へ参入し、SCSKとも販売パートナー契約を結んでいるほか、FFRIとも製品連携を行うと発表している。

Lastline製品では、検知から分析、防御までをトータルにカバーし、既知の攻撃防御から未知の脅威検出まで行う。検出状況はSCSK監視センターで24時間監視し、顧客環境に合わせた二次分析を行う。また、SCSK監視センターでは、ファイアウォールや不正侵入検知・防御装置のセキュリティ対策機器の監視サービスと併用することで、即座に不正な通信を遮断して、標的型攻撃に起因する情報漏えいを防ぐ。

サービス概要

サービスの価格は、1000ユーザー契約の場合で1ユーザー当たり年額1万5000円(税別)。価格はユーザー数に合わせて変動する。SCSKはサービス提供後1年間で10社への導入を目指すとしている。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報