JAXA、一般男性を対象に行う閉鎖環境試験の設備を公開

神山翔  [2016/01/14]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1月13日、今月下旬より開始する有人閉鎖環境滞在試験を行うJAXA筑波宇宙センター内の閉鎖環境適応訓練設備のプレス向け見学会を開催した。

閉鎖環境適応訓練設備

同試験が行われる閉鎖環境適応設備は宇宙飛行士の選抜に使用されたもので、円柱状のモジュールが2つ並べられ、上から見るとコの字型になるように短い廊下で結ばれている。各モジュールは長さ11×幅3.8×高さ2mで、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の形状に寄せて作られているという。

設備内はおおまかに実験スペースとダイニング、ベッドルームに分かれており、実験スペースと居間には各2台ずつモニタ用のカメラが設置されている。

ベッドルームは2段ベッドが4台あり、ベッドのサイズはそれぞれシングルより少し大きい。ダイニングにはキッチンがついているが、試験中は食事が制限されるためキッチンの出番はあまりないと思われる。また、風呂はユニットバスで、このほかトイレがもう1つある。

実験スペース

ダイニングにはコンロ、電子レンジ、冷蔵庫も

ユニットバス

もう1つのトイレ

ベッドはカプセルホテルのような感じ。

モニタ用カメラは実験スペースとダイニングに各2台。寝室にもカメラがあったが、そちらは安全管理用とのこと。

試験には約4400人が応募

同試験は宇宙飛行士の精神心理健康状態を評価する手法の研究の一環として実施されるもので、一般から募った男性8名が2週間にわたり同施設で共同生活を送る。共同生活中は行動や食事などが制限されるほか、グループ作業をはじめとするさまざまな課題が与えられる。そうしたストレス負荷によって身体にどのような変化が起こるかを調べ、専門家の面談によるストレス状態評価の変化と比べることで、有効なストレスマーカーの確立を目指す。

第1回試験は1月29日からスタートし、被験者は2月5日~18日まで閉鎖環境に滞在する。滞在前後のデータ取得を含む全日程を消化した場合、協力費38万円が支払われる。募集はすでに締め切られており、約4400人の応募があったという。今後、16名程度まで候補者を絞り、面接や健康診断を実施して被験者を選定する。

試験の詳しい内容や背景ついてはこちらをご参照いただきたい。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[アイマス]新作「プラチナスターズ」とローソンがコラボ グッズやイベント招待も
[00:00 5/31] ホビー
スネに傷持つゴルファーが秘境で運命の出会いを果たす、「オーイ!とんぼ」
[23:47 5/30] ホビー
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが"第7世代"Core搭載モデルなど2in1 PC「ASUS Transformar 3」シリーズを発表
[23:35 5/30] パソコン
「さんてつ」の吉本浩二、聴覚障害を題材にしたドキュメントマンガ1巻
[23:10 5/30] ホビー
石黒彩、モー娘。時代は「低収入ではなかった」- 番組での発言を訂正・謝罪
[23:06 5/30] エンタメ

特別企画 PR