サウジ、PK失敗や連携ミスでタイとドロー…日本は次戦勝利でグループ突破

 

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)グループB第1戦が13日に行われ、U-23サウジアラビア代表とU-23タイ代表が対戦した。

 U-23日本代表と同組の両チーム。日本対北朝鮮戦が行われたグランド・ハマド・スタジアムで、同試合の終了から約1時間後にキックオフを迎えた。

 最初に決定機を迎えたのはサウジアラビア。開始12分にPKを獲得するも、ムスタファ・アル・バサスのシュートはGKが弾いてクロスバーに当たり、ゴールを外れた。

 両チームスコアレスで前半を終えると、0-0で迎えた72分、サウジアラビアが先制に成功する。右サイドからのクロスに反応したモハメド・アル・サイアリがゴール前でヘディングシュート。GKの手先をかすめてゴールに吸い込まれた。

 その後もサウジアラビアは追加点を狙い、83分にはカウンターからリヤド・アル・イブラヒムがネットを揺らすも、これはオフサイドの判定。すると直後の84分、タイのスルーパスを処理しようとしたサウジアラビア守備陣の2選手が見合ってしまい、抜けた先に走り込んだピニョ・インピニトがつま先でゴールに流し込んだ。

 このまま試合は1-1で終了。この結果、日本はグループステージ第1節を終えて単独首位に。16日に行われる第2節でタイと対戦する日本が勝利して勝ち点を6に伸ばすと、1試合を残して決勝トーナメント進出が決まる。

【スコア】
U-23サウジアラビア代表 1-1 U-23タイ代表

【得点者】
1-0 72分 モハメド・アル・サイアリ(U-23サウジアラビア代表)
1-1 84分 ピニョ・インピニト(U-23タイ代表)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン