苦しんだ末の初戦白星…決勝点のDF植田直通「守備は楽しかった」

 

先制点を挙げて祝福されるDF植田直通(左から3番目) [写真]=Getty Images

 U-23日本代表は13日、AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)のグループステージ初戦でU-23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 同試合で決勝点を挙げた鹿島アントラーズDF植田直通は試合後、自身のゴールについて「セットプレーは『決めてやる』という気持ちでやっていた。フェイントをかけて(ゴール前に)入ったら、ボールが良かった。あとは決めるだけでした」と振り返り、「あんまり覚えていないです。(ボールが)来て、決めたという感じでした」と回想した。

 ゴール後、チームメイトから叩かれて祝福されたことについては「みんな、荒いですね」と言いつつ、「全員で戦っている。あんな風にみんなで喜びたかった」と、ベンチへ駆け寄った理由を明かした。

 先制後は北朝鮮に押し込まれる時間が長かったが、植田は「北朝鮮の映像は見ていたので、はね返すだけでした。まだ課題が多いですね。相手の精度が高かったら、得点になっていたと思う。そこが課題です」と話し、守備について「辛かったか」と問われると、「いや、楽しかったです。(長いボールを)蹴ってきてくれて、そっちのほうが得意なので。あとはセカンドボールを拾うことが課題。次に活かしたい」と、次戦を見据えた。

 U-23日本代表は次戦、16日にU-23タイ代表と対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー
スマホ保有者が初の50%超え - 総務省調査
[17:24 7/26] マネー
VAIOは独りで生きていく - 黒字化した3年目は新事業へ投資
[17:24 7/26] パソコン
機械遺産に新たに「国内初の地熱発電所」「スバル360」など7件を指定
[17:22 7/26] テクノロジー
小栗旬・藤原竜也・真木よう子らが『龍が如く』最新作に出演決定、桐生一馬伝説は最終章に
[17:15 7/26] ホビー