決勝点アシストの山中亮輔、総力戦で「6試合全部獲る」と意気込み

  [2016/01/14]

決勝点をアシストしたDF山中亮輔(右)[写真]=Getty Images

 U-23日本代表は、13日に行われたAFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)のグループステージ初戦でU-23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。試合後、決勝ゴールを演出したDF山中亮輔がインタビューに応えた。

 開始5分、右サイドからのCKで山中が高いボールを上げると、相手守備陣の頭上を越えてファーサイドで待ち構えるDF植田直通の下へ向かう。植田はこれを右足ボレーシュートで叩き込み、チームに貴重な先制点をもたらした。

 山中は、「セットプレーは凄い練習してたんで、キッカーの質ひとつでああやってゴール取れると思った。一本一本集中して蹴れたので、それは良かったと思ってます」とセットプレーに満足。先制した後は同点を目指す北朝鮮に攻められる時間もあったが、「皆で耐えながら、声を掛けながらやれた。勝ち点3が取れて正直ホッとしていますし、初戦取れたのはチームとして大きかったと思います」と白星発進を喜んだ。

 そして、「6試合全部獲るつもりで来ていますし、総力戦になってくると思うので、1人ひとりが持てる力を全て発揮できれば良いと思います」と、今後への意気込みを語った。

 次節、日本は16日にU-23タイ代表と対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

山本美月、共演者にアプローチ?「ベタベタしながら喋らせてもらいました!」
[15:00 5/24] エンタメ
【レポート】メッセージが読めるアプリ「スマート留守電」の使い勝手は? - ソースネクストの狙いも考える
[14:58 5/24] 携帯
[藤木直人]蜷川幸雄さん“遺作”へ涙で決意 多部未華子も気丈に…
[14:26 5/24] エンタメ
[後藤真希]休日は「娘のためにできることを」
[14:18 5/24] エンタメ
ケン・ローチ監督、カンヌ映画祭で2度目のパルムドール賞受賞
[14:04 5/24] エンタメ

特別企画 PR