苦しみながらも初戦を制す…手倉森監督「1戦目で鍛えてもらった」

 

北朝鮮戦に臨んだU-23日本代表の手倉森監督 [写真]=Getty Images

 U-23日本代表は、13日に行われたAFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)のグループステージ初戦でU-23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。試合後に手倉森誠監督がインタビューに応じた。

 日本は、開始5分にCKからDF植田直通が右足ボレーで挙げた先制点を最後まで守りきり、苦しみながらも勝ち点3を獲得した。手倉森監督は「1戦目で十分鍛えてもらったという感じの試合。勝てたことが全てですね。しかもチームが固くてね。その中で勝てたというのは非常に大きかった」と、厳しい初戦の勝利を喜んだ。

 また、「自分たちがボールを握るという部分で少し臆病になった」と述べ、「先制点が早すぎて、ちょっと守備の方に意識が行ってしまった。自分たちが握ることによって戦える準備をもう少しさせたいと思います」と、課題を口にした。

 16日の第2節ではU-23タイ代表と対戦する。手倉森監督は「苦しんだ分、これ以上苦しいことはないという感じで、リラックスさせて対戦させたいと思います」と北朝鮮戦の苦戦を前向きに捉え、次戦の方針を語った。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「デビットカード」ってどんなカード?
[07:00 7/29] マネー
米利上げ見通しは過小評価されていないか
[07:00 7/29] マネー
ねこのはなしをしようか 第17回 網膜が焼ける
[07:00 7/29] 趣味
熱中症になったことがある人は54% - 意外と知られていない対処法は?
[07:00 7/29] ヘルスケア
ふるさと納税、認知率はほぼ100%も実施率は10%にとどまる - なぜ?
[07:00 7/29] マネー