長瀬智也"鬼"のムチャぶり! 桐谷健太、とっさの機転でau曲熱唱&即興ラップ

 

TOKIOの長瀬智也、俳優の桐谷健太らが13日、東京・TOHOシネマズ六本木で映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(2月6日公開)の完成披露試写会に出席し、"鬼"のムチャぶりで会場を沸かせた。

俳優の桐谷健太

本作は、宮藤官九郎監督自ら脚本を手掛けたオリジナル作品で、地獄を舞台に、17歳でこの世を去った大助(神木隆之介)が現世に生還しようと奮闘する物語。長瀬は地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)のボーカル&ギター・赤鬼のキラーK、桐谷は"地獄の緑鬼"ことドラマーのCOZYを演じる。COZYはキラーKに従順で、劇中では軽妙な掛け合いを度々披露している。

この日もその関係性を象徴するような雰囲気で、桐谷が冒頭のあいさつを済ませたところで、長瀬が「空の~声が~」と突然のアカペラ。これは、桐谷がauのCMで歌った話題の曲「海の声」で、桐谷はすぐに「聞き~たくて~」と後に続いて熱唱した。客席から歓声と拍手が上がる中、長瀬が「そこまで感情出さなくていいから!」と突っ込みを入れて爆笑へと変えた。

その後、桐谷が「ぜひ映画館で観てほしい」と本作をアピールする場面では、即興ラップを求めるという再びのムチャぶり。長瀬の一方的なボイスパーカッションにはじまり、桐谷は「こんなんアリ?」と戸惑いながらも、観客の手拍子にも後押しされるように「長瀬、マジ俺、泣かせ」「監督、この状況、マジ残酷」と絶妙な韻を踏んでみせた。最後は「TOO YOUNG TO DIE、これで終わりダイ!」で締めくくると、会場は大歓声と拍手に包まれた。

見事にやり遂げた桐谷は、「ホンマの鬼やで!」「絶対アカンよ!」と絶叫。そんな猛抗議を気にすることもなく、「健太はギリギリになると輝く男なんですよ」と満足気な"キラーK"だった。

同イベントには長瀬、桐谷のほか、宮藤官九郎監督、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、清野菜名も出席した。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電

本音ランキング