停滞するPC市場で独り気を吐くApple - 15年、主要メーカーで唯一プラス成長

  [2016/01/13]

米国の市場調査会社であるGartnerとIDCが2015年のPCマーケットシェアを発表した。それらによると、多くのメーカーが業績を悪化させる中、アップルが躍進。どちらの調査においても、主要メーカーの中で、唯一、前年比でプラス成長となった。

Gartnerによる2015年のワールドワイドなPCマーケットシェア

Gartnerが発表した調査結果によれば、Appleは2015年のワールドワイドなマーケットにおいて、ランキングは5位、7.2%のシェアを獲得している。1位はLenovoで、シェア率19.8%。以下、HP、Dell、Asusと続くのだが、いずれも前年比で成長率ではダウンしている。6位のAcer Groupも数字を落としており、業界全体で-8.0%という芳しくない結果となっている中、唯一、Appleは成長率5.8%という数字を残している。

IDCによる2015年のワールドワイドなPCマーケットシェア

こちらは米国内でのPCマーケットシェア(IDC調査)

一方、IDCの発表では、Appleはワールドワイドなマーケットにおいて、ランキングは4位、7.5%のシェアを獲得している。3位までの順位はGartnerと同じで、Lenovo、HP、Dellと続く。IDCの調査では業界全体の成長率は-10.4%と、さらに良くない数字となっているが、アップルは+6.2%という成果を残した。こちらも主要メーカーの中で、唯一の成長という結果になっている。まさに独り気を吐くといった状況だ。

また、IDCは米国内のPCマーケットシェアもあわせて発表しているが、こちらではAppleは、さらに順位をひとつ上げ、3位につけている。

2015年というと、MicrosoftがWindows 10をリリースし、業界内では停滞ムードが払拭されるのではないかという期待が俄かに高まっていたが、IDCとGartnerの調査結果を見る限り、残念ながら市場を牽引する起爆剤とはならなかったようだ。

Windows PCメーカーの不調が続く中、Appleのほうはどうだったかというと、3月に薄く軽くなった新型MacBookと、秋にリリースされたOS X El Capitanというトピックはあったものの、iMac、MacBook Pro、MacBook Airはマイナーチェンジに留まり、業績を伸ばすような要素は実のところ少なかったと言える。その中で、出荷台数を伸ばしたというのは注目に値する。今年、Appleがどうのような製品を投入してくるか、現時点で明らかになっているものはないが、新機軸のラインナップが投入されれば、さらなるシェア拡大に拍車がかかるのではないだろうか。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】人とくるまのテクノロジー展 2016 横浜 - ホンダ、新型FCVや電動スーパーカブを展示
[14:13 5/25] テクノロジー
日本、2020年から小学校でプログラミングを必修化へ
[14:12 5/25] 企業IT
健診データで心筋梗塞、脳梗塞リスクを予測 がん研究センターが簡易システム開発
[14:07 5/25] テクノロジー
DTI、iPhone 6sが月額3,600円でレンタルできる新サービス
[13:45 5/25] 携帯
ゼノンに保谷伸読み切り&「ちるらん」スピンオフ、ヤス・いがわうみこの酒企画
[13:45 5/25] ホビー

特別企画 PR