NEC「LAVIE」2016年春PCまとめ - 注目はCES発表の11.6型ZEROなど

 

NECパーソナルコンピュータは、同社製PC「LAVIE」2016年春モデルとして、5シリーズ44機種を発表した。2016年1月15日から、順次販売する。

「LAVIE」春モデルは、11.6型デタッチャブルPCとして世界最軽量をうたう「LAVIE Hybrid ZERO」新モデルのほか、CPUを刷新した13.3型「LAVIE Hybrid ZERO」、従来より省スペース化した15.6型PC「LAVIE Hybrid Frista」、大画面&狭額縁になった一体型デスクトップPC「 LAVIE Desk All-in-one」など、多彩なラインナップが登場。特に、「LAVIE Hybrid ZERO」11.6型モデルと「LAVIE Hybrid Frista」は、"ツートップパソコン"として、2016年春モデルの中でも注力して展開していく。

全モデルで、新アプリ「LAVIEコネクト」を搭載。これはAndroidスマートフォンやタブレットで開いたWebページや写真、動画を、PC側で引き継いで表示する機能だ。また、ニュースや天気情報を表示する「インフォボード」も強化し、ウィンドウ表示の「ガジェットモード」や、プロカメラマンによる背景写真を追加した。また、一部モデルを除き、ヤマハが製作したハイレゾ音源オーディオプレイヤー「HiGrand Music Player」を新搭載している。

それでは「LAVIE」2016年春モデルを一挙まとめて紹介しよう。

同日開催の発表会では、International CES(CES 2016)でも展示された、11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」も登場。照明の関係でゴールドに見えるが、本体カラーはムーンシルバー

11.6型ZEROの上位モデルは、Intel RealSense 3Dカメラによる3Dスキャン用アプリを搭載する。スキャンは対象物の周囲を回って撮影。アプリは開発中かつ、筆者の格好が黒一色ということで、うまく読み取れない部分もあったが、動作はなめらかで、自分の3Dデータ(.obj)を操れるのが面白い。3Dプリンタでの出力も可能

約398gの11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」

最軽量時で約398gの11.6型タブレットPC。付属のバッテリ内蔵の付属キーボードを装着した状態でも、約798gの軽量PCとなる。上位モデルでプロセッサに第6世代Intel Core m、下位モデルでPentiumプロセッサを採用し、USB 3.0 Type-Cも搭載する。

発売日は2016年2月25日。価格はオープン。店頭予想価格は税別124,800円前後から。


省スペース化した15.6型PC「Frista」

家の中での持ち運びにフォーカスした、スタンド付きの省スペース15.6型PC。従来はスタンド部に本体機能を備えていたが、春モデルではディスプレイ部に本体機能を備え、Skylake世代のIntel Coreプロセッサを搭載した。

発売日は2016年2月25日で、価格はオープン。税別の店頭予想価格は154,800円前後から。


Skylake搭載の13.3型「LAVIE Hybrid ZERO」

最軽量時で約779gとなる「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズの13.3型モバイルPC。春モデルではCPUをSkylake世代へ刷新したほか、SSD容量の増加などが行われている。

発売日は2016年2月25日。価格はオープン。店頭予想価格は169,800円前後から。


春モデル用ソフトを載せた「LAVIE Note Standard」

「LAVIE Note Standard」は、NECパーソナルコンピュータの15.6型ノートPCシリーズ。全7モデルを揃え、最上位モデルで新CPUを採用したほかは、ソフトウェアの刷新がメインとなっている。

発売日は2016年1月15日から。価格はオープン。税別の店頭予想価格は111,800円前後から。


大画面&狭額縁になった一体型「LAVIE Desk All-in-one」

23.8型液晶を搭載した一体型デスクトップPC。春モデルでは新デザインを採用し、上位モデルで、液晶が前面に飛び出すような四角い細フレームデザインとしたほか、下位モデルまで画面サイズを23.8型で統一した。また、ベゼルが約6mmの狭額であることも特徴。

発売日は2016年1月1月15日から順次。価格はオープンで、店頭予想価格は149,800円前後から。


CPU強化の分離型デスクトップ「LAVIE Desk Tower」

セパレートタイプのスリムタワー型デスクトップPC。春モデルでは本体設計を新しくし、より小型軽量化した。本体のカラーリングも一新。マットなホワイトをベースに、光学ドライブ部分をブラックで引き締めている。プロセッサもHaswellから新たにSkylakeへ更新された。

2016年1月28日から出荷開始し、価格はオープン。店頭予想価格(税別)は139,800円前後から。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

俺より面白いものつくるんじゃねえ!!アオイホノオ特集、同人誌の一部も公開
[00:50 8/25] ホビー
[島本和彦]コミケで大人気の「シン・ゴジラ」同人誌 小学館のマンガサイトで異例の公開
[00:08 8/25] ホビー
「みつどもえ」桜井のりお、9月から新連載!伏せ字だらけの予告が週チャンに
[00:00 8/25] ホビー
赤井&安室祭り!青山剛昌が描いた名場面がサンデーSの全サに、対峙する付録も
[00:00 8/25] ホビー
[BLUE GIANT]マンガ大賞2年連続ノミネート作が“終幕” 次号から海外編突入
[00:00 8/25] ホビー