高畑充希、人生初の"お色気担当"に動揺 - 好きなセリフは「手ブラ好きと?」

 

女優の高畑充希が13日、東京・台場のシネマメディアージュで行われたフジテレビ系月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(18日スタート、毎週月曜21:00~21:54 ※初回は15分拡大)の第1話完成披露試写会に出席し、今回の役どころを「人生初のお色気担当」と紹介した。

月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に出演する高畑充希

同作は、有村架純と高良健吾のダブル主演で、地方から東京に出てきた若者たちが、夢に向かって必死に生きていく姿を描くストーリー。高畑は高良演じる曽田練の恋人・日向木穂子役で、広告代理店に勤務し、東京で常に高級品に包まれた華やかな生活を送る。生活の苦しい練に金を貸しており、第1話の冒頭ではラブシーンも披露する。

そんな役どころに、高畑は「人生初のお色気担当なので、どうしようもない感じですごく動揺しました」と緊張を見せながらあいさつ。「自分が普段絶対言わないようなセリフとか、実際にいたら私が絶対に仲良くなりたくないって感じのことばかり言う人で、相当中身がぐちゃぐちゃでこじらせている」とそのキャラクターを説明し、「(自身は)誰よりもヒロイン(有村)を応援しているんですけど、誰よりもヒロインを邪魔していきます」と予告した。

今作は坂元裕二のオリジナル脚本だが、当て書き(役者に合わせてキャラクターを書いていく手法)がされているそうで、高畑は「坂本さんの目に、私がそんな風に映っているんだったら、すごいショックだと思ってます」とひと言。すかさず、司会の笠井信輔フジテレビアナウンサーは「あえて逆の役をふるという当て書きもありますから、大丈夫だと思いますよ」とフォローしていた。

高畑の心に残っているセリフは…

手ブラ好きを名乗り出る西島隆弘(左)と、はにかむ高良健吾

それでも、高畑は役に愛着を持っているようで、現時点(5話まで収録中)で特に心に残っているセリフは、第2話の「手ブラ好きと?」という九州弁。「手でブラジャーをしてるっていうことです」と、自らきちんと補足した。ほかの出演者が「さすけねぇ」(高良健吾、会津弁で「心配しないで大丈夫」)、「僕だったら、君に両思いをあげられるよ」(西島隆弘)などと挙げる中、高畑は「みんなちゃんと答えてるからどうしよう…」と後悔していたが、「でも個人的にすごい好きです。『手ブラ好きと?』」とあらためて口ずさんでいた。

これを受け、笠井アナはなぜか「この中で、手ブラ好きな人?」と質問。すると西島がすぐに全力で手を挙げ、高良も小さく手を挙げて、会場をわかせていた。

有村架純

高良健吾

西島隆弘

森川葵

坂口健太郎

司会の笠井信輔フジテレビアナウンサー

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Google Playファミリーライブラリ提供開始、購入コンテンツを家族で共有
[08:05 7/28] スマホとデジタル家電
ラブライブ!声優の三森すずこ、『アングリーバード』でピンクの鳥の声担当
[08:00 7/28] エンタメ
Audio PixelsとTowerJazz、MEMSラウドスピーカーチップの量産で合意
[08:00 7/28] テクノロジー
オーテクの重低音Bluetoothイヤホンは「重低音以外」もイケる
[08:00 7/28] スマホとデジタル家電
管理職、女性の割合は11.9% - 前年から上昇
[08:00 7/28] キャリア

本音ランキング