東北電力ら、ナタネ油の利用で環境負荷を低減する新型配電用変圧器を開発

 

東北電力と北芝電機は1月13日、電力損失の低減と長寿命化等を実現した新型配電用変圧器を開発したと発表した。

両社は平成21年に、CO2排出削減など環境負荷の低減を目的として、ナタネ油を絶縁油に採用した「環境調和型変圧器」を開発している。今回開発した新型変圧器では、最新の設計技術に基づき冷却性能のさらなる向上を図るとともに、両社の共同研究により、ナタネ油の特性を細部にわたり解析し、この結果を設計に反映した。

これにより、従来の環境調和型変圧器に比べ、変圧する際の電力損失を15%低減。さらに、変電所に変圧器を設置する際、従来は変電所構内で変圧器の部品の一部を組み立てていたが、付設する放熱器の見直しにより、工場で組み立てを完成させ、そのまま搬送して設置することが可能となった。

また、変圧器は巻線絶縁紙に含まれる水分量が多くなることで劣化が進むが、今回、吸水力が高いというナタネ油の特性に着目し、構造・設計を見直したことなどにより、定格連続運転における期待寿命が30年から60年に延びたという。

今後東北電力としては、管内の主に6万6000Vの配電用変圧器について、低損失かつ植物油を採用した変圧器の導入を進め、環境負荷の低減を図っていくとしている。平成28年4月より25台/年程度を導入予定。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Parrot、ドローン「Bebop 2」にHDMとコントローラをセットにしたFPVパック
[19:07 9/28] スマホとデジタル家電
『双星の陰陽師』10月新主題歌はlolとGIRLFRIENDが担当
[19:00 9/28] ホビー
マリリン・モンローのあのミンクのストールがオークションに
[18:59 9/28] エンタメ
予防・検知からインシデント対応までサポート「InfoTrace Mark II for Cyber」
[18:54 9/28] 企業IT
ASUS、6GBのRAMを内蔵するハイエンドな「ZenFone 3 Deluxe」10月下旬発売
[18:53 9/28] スマホとデジタル家電