Maxim、ウェアラブル型ヘルスケア向け酸素濃度計/心拍数センサーモジュール

 

米Maxim Integrated Products(Maxim)は1月12日(現地時間)、ウェアラブル医療およびフィットネスアプリケーションに向けて、パルス酸素濃度計および心拍数統合センサーモジュール「MAX30102」を開発したと発表した。

同モジュールは、LEDパルスを変調して酸素飽和度(SpO2)および心拍数の測定値を送信するための赤色および赤外線LEDのほか、フォトディテクタ、光学素子、および環境光除去を備えた低ノイズ電子回路を内蔵している超低電力のソリューション。モバイルおよびウェアラブル機器のスペースを節約しデザイン・イン工程を容易化することにより、システム設計者はウェアラブルおよびヘルスケア製品の市場投入までの時間を短縮することが可能となっている。

パルス酸素濃度計および心拍数統合センサーモジュール「MAX30102」

1.8V単一電源と、内蔵LED用の個別の5.0V電源により動作し、通信は標準I2C対応インタフェースを介して行われる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

https://news.mynavi.jp/itsearch/article/devsoft/1755
[10:30 8/24] 企業IT
AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」
[10:27 8/24] 企業IT
ネットチャート、地域医療連携を促進する医療用画像のクラウド共有サービス
[10:25 8/24] 企業IT
2016年第2四半期国内PC出荷台数、シェアトップはNECレノボ - IDC
[10:08 8/24] 企業IT
米Pinterestが“あとで読む”サービスの米Instapaperを買収
[10:07 8/24] スマホとデジタル家電