IE10、IE9、IE8のサポート終了

ESET - CYBER SECURITY

Microsoftは1月12日(米国時間)、2016年1月のセキュリティアップデートの提供を開始した。今回のアップデートを持ってWindows 8のサポートが終了するほか、Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Internet Explorer 10などもサポートが終了する。これらのブラウザはすべてのWindowsでサポートが終了するわけではない。

どのWindowsでどのバージョンのInternet Explorerがサポートされることになるかについては、ESETが1月12日(現地時間)にセキュリティブログに掲載した記事「Microsoft ends support for old Internet Explorer versions」の内容がわかりやすい。

2016年1月のアップデートの段階で、次のオペレーティングシステムおよびInternet Explorerがサポートされている。

オペレーティングシステム 2016年1月のアップデートでサポートされているIE
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11
Windows 10 Internet Explorer 11
Windows Server 2016 Preview Internet Explorer 11

Microsoftはこれまでのように1つのOSで複数のバージョンのInternet Explorerをサポートするというポリシーから、それぞれのWindowsで最新版のInternet Explorerのみをサポートするように方針を変更。サポートが終了したInternet Explorerを使い続けると、攻撃を受けるなどセキュリティ上の問題が懸念されるため、サポートが提供されている最新版へアップデートするか、またはセキュリティサポートが提供されている他のWebブラウザへ移行することが推奨される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事