東芝、業務支援のためのメガネ型ウェアラブル端末を製品化・受注開始

 

東芝は1月13日、インフラの保守管理、工場や倉庫内での作業などにおけるハンズフリーでの作業を可能にするメガネ型ウェアラブル端末「Wearvue(ウェアビュー) TG-1」を製品化し、国内で企業向けに受注活動を開始したと発表した。出荷開始は2月29日を予定している。

同製品では、重さが50g、サイズが幅167.9mm x 奥行162.5mm x 高さ38.0mmと、軽くて快適な装着性を実現。また、人と対面する接客業務などでも違和感を持たれることなく利用できるよう、メガネとして自然なデザインを追求したという。投映部を側面後方に配置する同社独自の光学方式により広い視野を確保するとともに、投映角度を調整できるPA(パーソナルアジャスター)機構を搭載することで、顔形状や眼間距離がさまざまな日本人成人の98%をカバーできるとしている。

同社は、遠隔地での作業をコントロールするフィールドサポートや、倉庫内での物流作業、観劇やスポーツ観戦などのエンターテイメント分野においての利用を想定している。

同製品は、市販のWindows端末とケーブルで接続して使用するため、Windowsで動作するアプリケーションの開発が必要となる。アプリケーション開発に必要なSDK(ソフトウェア開発キット)は、製品ホームページにて2月29日より無償でダウンロード可能となる予定。

メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue(ウェアビュー) TG-1」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[篠原信一]久々の柔道着は「コスプレじゃない!」 リオ五輪の仕事はまだ来ず…
[22:52 7/25] ホビー
オネエがテーマのアンソロ「オネエと私」表紙は雪広うたこ、コガシロウも参加
[22:44 7/25] ホビー
CORSAIR、Cherry MXスイッチ採用のメカニカルゲーミングキーボード
[22:17 7/25] パソコン
アフタヌーンで四季賞発の新鋭2人がW新連載、次号「げんしけん二代目」完結
[22:16 7/25] ホビー
[石原さとみ]黒の肩出しロングドレスで“ゴジラロード”レッドカーペットに登場
[22:05 7/25] エンタメ