Androidに感染するマルウェア「Brain Test」、Google Playに再び出回る

 

Google Playで公開されているAndroidアプリの一部に、マルウェア「Brain Test」が混入しているようだ。セキュリティベンダーのLookoutが報告している。

Brain Testは、2015年10月ごろ出回ったマルウェア。Android端末の内部において、ルート権限で各種のコマンドを実行する能力を持つ。C&C(コマンド&コントロール)サーバと通信して悪意あるアプリを追加したりもできるほか、Android端末を工場出荷時に戻すリセット操作を実行しても消えない(端末内に残って活動を続ける)。

2016年1月12日の時点では、LookoutがGoogleに伝えた感染アプリ(13タイトル)はすべて削除されているとのことだが、ユーザー側でも改めて注意が必要だ。大手セキュリティベンダーのAndroid向けセキュリティアプリは、Brain Testの侵入や動作のブロックに対応している。なお、Lookoutの報告によってGoogle Playから削除されたアプリは以下の通り。

  • Cake Blast
  • Jump Planet
  • Honey Comb
  • Crazy Block
  • Crazy Jelly
  • Tiny Puzzle
  • Ninja Hook
  • Piggy Jump
  • Just Fire
  • Eat Bubble
  • Hit Planet
  • Cake Tower
  • Drag Box

人気記事

一覧

新着記事

D・キッサンの文系4コマ「どろ高」完全版に!描き下ろしマンガも収録
[18:50 6/26] ホビー
[今週の新刊]今秋テレビアニメがスタートの「ろんぐらいだぁす!」が登場
[18:30 6/26] ホビー
三宅乱丈、三家本礼の入手困難作が単行本化!ビームコミックス新シリーズで
[18:26 6/26] ホビー
「艶漢」の尚月地、江戸川乱歩原作の朗読演劇ビジュアルを描き下ろし
[18:00 6/26] ホビー
ここを掃除すればモテ部屋に!? 男性が女性の部屋で最も気にする箇所が判明
[18:00 6/26] ライフスタイル