Androidに感染するマルウェア「Brain Test」、Google Playに再び出回る

 

Google Playで公開されているAndroidアプリの一部に、マルウェア「Brain Test」が混入しているようだ。セキュリティベンダーのLookoutが報告している。

Brain Testは、2015年10月ごろ出回ったマルウェア。Android端末の内部において、ルート権限で各種のコマンドを実行する能力を持つ。C&C(コマンド&コントロール)サーバと通信して悪意あるアプリを追加したりもできるほか、Android端末を工場出荷時に戻すリセット操作を実行しても消えない(端末内に残って活動を続ける)。

2016年1月12日の時点では、LookoutがGoogleに伝えた感染アプリ(13タイトル)はすべて削除されているとのことだが、ユーザー側でも改めて注意が必要だ。大手セキュリティベンダーのAndroid向けセキュリティアプリは、Brain Testの侵入や動作のブロックに対応している。なお、Lookoutの報告によってGoogle Playから削除されたアプリは以下の通り。

  • Cake Blast
  • Jump Planet
  • Honey Comb
  • Crazy Block
  • Crazy Jelly
  • Tiny Puzzle
  • Ninja Hook
  • Piggy Jump
  • Just Fire
  • Eat Bubble
  • Hit Planet
  • Cake Tower
  • Drag Box

人気記事

一覧

新着記事

ソニー、より薄く狭くなった4K HDR対応の43V型/49V型「BRAVIA X8300D」
[13:57 8/30] スマホとデジタル家電
男性が育休取得しない理由、「仕事を代わってくれる同僚がいない」が1位
[13:55 8/30] シゴト
AED、中小企業の5割が「未設置」 - その理由は?
[13:54 8/30] シゴト
坂上忍、高畑容疑者報道「今年一しんどい」と吐露 - 出演者と3度口論に
[13:52 8/30] エンタメ
最近パクチー足りてる? パクチーづくしのタイ風居酒屋に行ってきた
[13:52 8/30] 趣味