フィックスターズ、容量13TBのSSD「Fixstars SSD-13000M」などを発売

 

フィックスターズは1月13日、2.5インチSSDとして容量13TBの「Fixstars SSD-13000M」と同10TBの「Fixstars SSD-10000M」の受注を日本および米国において開始したと発表した。2月下旬より順次出荷を開始する。

「Fixstars SSD-13000M」

両製品は、インタフェースがSATAリビジョン3.0(6Gbps)、NANDタイプが15nm MLC。また、これまでのFixstars SSDシリーズの製品と同様に独自開発のSSDコントローラを搭載し、安定したシーケンシャルI/O性能(リード最大540MB/s、ライト最大520MB/s)を実現している。

用途として、オブジェクトストレージやストリーミング配信、CG/VFX編集、4K/8K映像処理といった大容量データに対する安定的なシーケンシャルアクセスが求められるアプリケーションに最適だという。なお、新製品は容量、I/O性能、信頼性、耐久性をカスタマイズできるBTOモデルとして提供する。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル