高松商のストッキングに刻まれる新色は? ストッキングのラインを見れば優勝回数がわかる有名校


      週刊野球太郎
    

 昨秋の第46回明治神宮野球大会で、公立校としては16年ぶりの栄冠に輝いた四国代表の高松商(香川)。優勝を記念して、野球部のユニフォームのストッキングに新たな色のラインが加わろうとしている。


 これまでに刻まれているストッキングのラインは全部で5本。白2本、赤2本、黄1本と上から順に並ぶが、それぞれは全国大会で優勝した栄誉を示す。第11回(大正14年)と第13回(昭和2年)の夏の選手権、第1回(大正13年)と第32回(昭和35年)の春のセンバツ、そして第13回(昭和33年)の国民体育大会(国体)での優勝だ。


◎全国の有名校のストッキングに注目!

 高松商以外にも優勝をストッキングのラインで証す高校がいくつかある。

 甲子園で春2回、夏1回の優勝を誇る報徳学園(兵庫)は、大優勝旗の色にちなんで青と赤のラインをストッキングにデザイン。春夏それぞれ1回ずつの優勝を誇る常総学院(茨城)も、白2本のラインを刻む。広陵(広島)も春に3回、全国制覇を成し遂げているが、3本の白線が足下を引き締める。

 中京大中京も以前は夏三連覇の偉業を3本の白線でストッキングに称えていたが、残念ながら現在のユニフォームでは見られない。また、ユニフォームが慶應義塾大のものと同じになる附属の各高校も、ストッキングには2本の白線が入るが、それは東京六大学リーグで達成した「完全優勝2回」の記録だという。


◎甲子園出場回数がわかるストッキングのライン

 優勝ではなく、甲子園の出場をストッキングに記録する高校になると、その数はグッと増える。中でも高崎商(群馬)のラインの数は随一で、その数は何と14本! エンジ、紺、オレンジで色分けされ、それぞれ春(3回)、戦前の夏(4回)、戦後の夏(7回)の甲子園出場を示す。


◎高松商のストッキングに加わるラインの色は?

 さて、6本目のラインが新たに加わる高松商。現時点では何色のラインになるのかは未定だが、野球部員たちは水色が希望だとか。またファンの間では、香川県の県花であるオリーブにちなんで「緑」や、高貴なイメージの「紫」を推す声も挙がる。

 気になる色は、20年ぶりの出場が確実視される来春のセンバツまでに決定する。


文=和田雅幸(わだ・まさゆき)


本記事は「週刊野球太郎」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事