帰宅部男子の妄想描くノッツ作品がライオリに、四宮しの、押切蓮介もゲスト登場

 

ノッツ「もしも部」カット。

ノッツのゲスト作品「もしも部」が、本日1月12日発売のまんがライフオリジナル2月号(竹書房)から3号連続で掲載される。

「もしも部」は帰宅部の男子高校生が“もしも、僕が部活に入っていたのなら”と考えるショートストーリー。第1話では武道場から聞こえてきた竹刀の音をきっかけに、自分が剣道部だったらと主人公が妄想を繰り広げる。

なお今号では、四宮しの、押切蓮介のゲスト作品も掲載。施川ユウキによるコラム「全ての映画は、ながしかく」は連載100回を記念した拡大版になっており、映画評のほか施川のインタビューも掲載された。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR大阪環状線103系クラシックトレイン運行 - 車内で生演奏、芸術の秋楽しむ
[07:30 9/25] ホビー
イモトアヤコ、“死の崖”アイガー登頂なるか!?『イッテQ!』2時間SP
[07:00 9/25] エンタメ
[今週の真田丸]第38回「昌幸」 流罪となった昌幸は……豊臣秀頼も登場
[07:00 9/25] エンタメ
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (25) img要素の属性
[07:00 9/25] 企業IT
ミイラ男もこんなにキュート! かわいいお化けがそろったハロウィーンカフェ
[07:00 9/25] 趣味

本音ランキング