帰宅部男子の妄想描くノッツ作品がライオリに、四宮しの、押切蓮介もゲスト登場

 

ノッツ「もしも部」カット。

ノッツのゲスト作品「もしも部」が、本日1月12日発売のまんがライフオリジナル2月号(竹書房)から3号連続で掲載される。

「もしも部」は帰宅部の男子高校生が“もしも、僕が部活に入っていたのなら”と考えるショートストーリー。第1話では武道場から聞こえてきた竹刀の音をきっかけに、自分が剣道部だったらと主人公が妄想を繰り広げる。

なお今号では、四宮しの、押切蓮介のゲスト作品も掲載。施川ユウキによるコラム「全ての映画は、ながしかく」は連載100回を記念した拡大版になっており、映画評のほか施川のインタビューも掲載された。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ここが変わった! キヤノン「EOS 5D Mark IV」 - Mark IIIと実機比較
[08:22 9/1] スマホとデジタル家電
Wi-Fiをオンにするやいなや「ポケモンGO」の現在位置が正確になります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 9/1] スマホとデジタル家電
大東駿介、『曇天に笑う』で大刀のリアルな殺陣披露「派手に暴れ散らした」
[08:00 9/1] エンタメ
節電対策として家で行っていることは?
[08:00 9/1] マネー
総研大、縄文人の奥歯からDNAを抽出して核ゲノムの配列を決定
[08:00 9/1] テクノロジー

本音ランキング