日本ギガバイト、小型ベアボーン「BRIX」のSkylake搭載モデルを国内販売

 

日本ギガバイトは12日、同社製小型ベアボーン「BRIX」の新モデルとして、CPUに"Skylake"こと第6世代Intel Coreプロセッサ搭載モデルを日本国内で販売すると発表した。Core i3-6100U搭載の「GB-BSi3H-6100」、Core i5-6200U搭載の「GB-BSi5H-6200」、Core i7-6500U搭載の搭載の「GB-BSi7H-6500」をそろえ、15日に発売する。店頭予想価格はそれぞれ39,980円前後、52,980円前後、69,980円前後(いずれも税別)。

「GB-BSi3H-6100」「GB-BSi5H-6200」「GB-BSi7H-6500」

「BRIX」は、メモリとストレージ、OSを追加することで1台のPCとして完成する小型PCベアボーン。今回発表された「GB-BSi3H-6100」「GB-BSi5H-6200」「GB-BSi7H-6500」はいずれも2.5インチストレージの取り付けに対応したモデルで、大容量ストレージを搭載したシステムが構築できる。

CPU以外の仕様は共通で、グラフィックスはIntel HD Graphics 520(CPU内蔵)、メモリスロットはDDR3L-1600対応SO-DIMMスロット×2(最大16GB)、ストレージインタフェースはM.2(2280)×1、SATA3×1(2.5インチ対応)。

ほか主なインタフェースは、IEEE802.11a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.0(Intel Dual Band Wireless-AC 3165)、GigabitEthernet×1(Intel i219V)、USB 3.0×4、HDMI×1、Mini DisplayPort×1、オーディオポートなど。電源は同梱のACアダプタ。本体サイズは、がH46.8×W112.6×D119.4mm。

人気記事

一覧

新着記事

ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー
【特別企画】卵を食べ過ぎると○○○は都市伝説だった!? 卵とコレステロールの関係とは
[11:14 7/25] ヘルスケア
総務省、国内インターネットのトラフィック公表 - 増加続くが鈍化傾向も
[11:12 7/25] 企業IT
中小企業にとってのマイナンバー制度とは? 第43回 中小企業・小規模事業者からマイナンバー取り扱いの委託を受ける税理士の現状
[11:00 7/25] 企業IT