エプソン、インクジェットの弱みを改善する「エコタンク搭載プリンター」

 

エプソンは12日、大容量インク「エコタンク」搭載という新カテゴリのインクジェット複合機/プリンタとして、A4カラー複合機「EW-M660FT」、A4モノクロ複合機「PX-M160T」、A4モノクロプリンタ「PX-S160T」を発表した。

いずれも2月4日の発売予定で、価格はオープン。店頭予想価格は、EW-M660FTが5万円台の中盤、PX-M160Tが2万円台の中盤、PX-S160Tが1万円台後半の見込み。同時に「エコタンク」のインクボトルも発売され、店頭予想価格は顔料ブラックが1,800円、各色独立の染料シアン/マゼンタ/イエローが各900円。

EW-M660FT

PX-M160T

PX-S160T

今回のエコタンク機は、これまで新興国を中心にエプソンが販売してきた製品を、日本国内にも本格的に投入するもの。ユーザーが抱えるインクジェット複合機/プリンタの不満として、大きなウェイトを占める「交換インクが高い」「インクの減りが早い」といった点の改善を図る。

各本体には、インクボトルを2セット同梱。例えば、A4カラー複合機のEW-M660FTでは、A4カラーテキストで約11,300枚、A4モノクロテキストで約11,000枚という印刷枚数に相当する。ランニングコストはA4カラーが約0.8円/枚、A4モノクロが約0.4円/枚。一般的な「インクカートリッジの交換」ではなく、複合機/プリンタ本体のインクタンクにインクボトルをあてがい、ユーザーが手動でインクを補充するスタイルだ。エプソンは「本体購入だけで(追加インクの購入なしで)約2年間は使える」としている。

顔料ブラックと、染料シアン/マゼンタ/イエローのインクボトル。「クツ」や「ハサミ」はニックネーム的なもの。これらのインクボトルから直接、複合機/プリンタ本体のインクタンクへとインクを補充する。画像の複合機はEW-M660FT

EW-M660FT

EW-M660FTはA4カラー複合機で、ベースメカは「PX-M650F」だ。プリンタ、コピー、スキャナ、FAX機能を持ち、給紙容量30枚のADFも備える。

EW-M660FT

インク構成は、顔料ブラック、染料シアン、染料マゼンタ、染料イエローの全4色で、プリントヘッドにはPrecisionCoreを採用。最高印刷解像度は4,800×1,200dpi、給紙容量は普通紙で150枚、自動両面印刷にも対応する。印刷スピードは、A4カラーテキストで約7.3ipm、A4モノクロテキストで約13.7ipmだ。

注意点は、フチなし印刷ができないことと、これまでのエプソン製インクジェット複合機/プリンタと比べて「耐オゾン性」が低いこと。家庭向けインクジェット機「カラリオ」シリーズの印刷物は10年という耐オゾン性だが、EW-M660FTの耐オゾン性は半年以上1年未満だ。EW-M660FTでも耐光性は7年で、アルバム保存の場合は300年となる。また、ベースモデルのPX-M650Fとは異なり、ブラックインクセーブモードや、ブラックインクだけで印刷するモードは持たない。

コピー/スキャナ/FAXで用いるイメージセンサーは光学1,200dpiのCISで、最大原稿サイズはA4だ。インタフェースはUSBのほか、100BASE-TX対応有線LAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Wi-Fi Directを搭載する。そのほか、インターネット経由で利用する「Epson Connect」機能として、メールプリント、リモートプリントドライバー、メールでリモート印刷に対応。アップルのAirPrint、Google Cloud Printもサポートし、スマートフォン/タブレットから印刷するアプリ「Epson iPrint」も利用可能だ。使用時の本体サイズはW515×D559×H241mm、重量は約7.3kg。

PX-M160T

PX-M160T

PX-M160Tは、A4モノクロ複合機。プリント、コピー、スキャナ機能を持ち、A4モノクロテキストで約11,000枚分のインクボトルが付属する。ランニングコストは約0.3円/枚、印刷スピードは約15ipmだ。最高印刷解像度は1,440×720dpi、給紙容量は普通紙で約100枚、ADFの給紙容量は30枚となる。イメージセンサーは光学1,200dpiのCISで、最大原稿サイズはA4。

インクの補充

インタフェースはUSB、100BASE-TX対応有線LAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN(Wi-Fi Directは未サポート)。Epson Connect機能として、メールプリント、リモートプリントドライバー、およびスマートフォン/タブレット向け印刷アプリ「Epson iPrint」を利用できるが、アップルのAirPrint、Google Cloud Printには対応しない。使用時の本体サイズはW435×D540×H291mm、重量は約6kg。

PX-S160T

単機能プリンタのPX-S160Tは、プリンタ部分の仕様は上記のPX-M160Tに準ずる。インタフェース、Epson Connect機能、Epson iPrintアプリ対応も、PX-M160Tと共通だ。使用時の本体サイズはW435×D530×H296mm、重量は約3.4kg。

PX-S160T

インクの補充

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、ミニ朗読劇の第四章を公開
[00:06 7/2] ホビー
【コラム】Windows 10ミニTips 第96回 OneDriveにアップロードできるファイルサイズ
[00:00 7/2] パソコン
『ジョジョ』第4部、第14話の先行場面カット&あらすじを公開ッ!
[23:52 7/1] ホビー
[今週シネマ]1、2日公開の映画 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」「セトウツミ」「全員、片想い」…
[23:49 7/1] エンタメ
[DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO]氷室京介がライブ無期限休止を決断するまでを追う
[23:38 7/1] エンタメ