東京都などでインフルエンザ感染が拡大中 - 全国の患者は前週比で6割増

 

インフルエンザウイルスが猛威をふるい始めつつあるようだ

国立感染症研究所は1月12日、2015年12月21~27日の期間中の感染症発生動向調査を公開した。同調査により、同期間中に4,000人近くが各地の医療機関でインフルエンザ感染を確認されたことが明らかになった。

厚生労働省は、インフルエンザは「38度以上の発熱」「頭痛」「関節痛」「筋肉痛」などの症状が突然現れ、日本では例年12月から3月頃にかけて流行が見られるとしている。一度流行が始まると短期間に多くの人へと感染し、集団感染によって学級閉鎖などへとつながる。

国立感染症研究所によると、全国5,000カ所の定点医療機関から12月21~27日(第52週)の期間中に報告があった感染者数は3,734。第51週は2,270人となっており、64%も1週間あたりの患者が増えた計算になる。第50週(1,690人)からの数値を見ると、1週間ごとの伸び率は34%、64%と推移しており、直近2週間で急伸していることがわかる。

第52週において、都道府県別での患者が最も多かったのは北海道(532人)。以下は秋田県(359人)、東京都(304人)、神奈川県(231人)、大阪府(190人)となっている。

感染増に伴い、全国の定点当たり報告数(1医療機関あたりの患者数)も増加。第51週は0.46にとどまっていたが、第52週は0.76まで急上昇。第50週(0.34)から2週間で2倍以上になっており、「流行開始」の指標となる「1.00」へと迫っている。なお、既に今シーズンは昨シーズンより1カ月以上も流行期入りが遅れている。

インフルエンザは、せきやくしゃみなどによる飛沫(ひまつ)感染が主な感染経路となり、予防策としてはワクチン接種のほか、マスク着用や手洗い、うがいなどがある。また、感染しても特有の症状が出ないケースや検査タイミングによって正しい結果が出ないケースもあるため、十分に注意が必要となる。

※写真と本文は関係ありません

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【コラム】東武鉄道の車両・列車 第6回 200型「りょうもう」台鉄自強号「普悠瑪」デザインに
[17:30 6/25] ホビー
クリス・ブラウン、マネージャーへの暴力で訴えられる
[16:39 6/25] エンタメ
和田アキ子、覚せい剤&不倫の高知容疑者をバッサリ「どうしようもない」
[16:15 6/25] エンタメ
「咲-saki-」スピンオフ第5弾、BGにて開幕!園城寺怜が主人公の物語
[16:15 6/25] ホビー
ジャンポケ斉藤、念願の連ドラレギュラー出演「気持ち悪い部分を出せたら」
[16:04 6/25] エンタメ