Unity for 遊技機、国内の遊技機・アーケード筐体開発が月額9000円で可能に

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は1月8日、「Unity for 遊技機」ライセンスを発表した。

Unityはゲームやインタラクティブコンテンツの統合開発環境。「Unity for 遊技機」ライセンス(EULA)は、通常版Unity ProのEULAに追加付与される形で提供される。このライセンスを別途受け取ることで、月額9000円で提供されるUnity Proのサブスクリプションのみで、ロイヤリティなしにパチンコ・パチスロを含む国内の遊技機・アーケード筐体の開発が可能となる。

生産台数が1000台以下の組み込み機器については、今まで通り通常のUnityのEULAにて許諾されており、別途許諾を受ける必要はない。また、Unityでレンダリングされたグラフィックスを単にムービーとして利用したいという場合も、「Unity for 遊技機」ライセンスを別途取得せずに利用可能。

「Unity for 遊技機」ライセンスは、対象プラットフォームに対する特別な制約はないが、ハードウェアにAndroidを利用する場合は別途Unity Android Proアドオンライセンス(月額9000円)が必要となる。

開発コンテンツのイメージ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事