ローム、若手研究者を対象とした研究公募制度 - 最大200万円/件を提供へ

ロームは1月12日、大学や高等専門学校、公的研究機関に所属する若手研究者を対象にした研究公募制度を創設し、募集を開始すると発表した。

対象となるテーマは、センサやパワーデバイス、無線通信など6つの分野。研究費は内容に応じて決定されるが、1件あたり200万円/年が上限で、合計20件程度を採択するとしている。2015年度内に採択し、研究期間は2016年4月に研究開始で、1~2年以内を想定している。

研究テーマは以下の通り:

  1. 光エレクトロニクス・フォトニクス研究分野
  2. パワーエレクトロニクス研究分野
  3. 異種接合研究分野
  4. MEMS研究分野
  5. 省エネLSI研究分野
  6. 無線通信研究分野

研究契約は単年度契約となるが、1年目末時点の状況により1年延長するかどうかが採択される。また、採択テーマの中から研究内容に応じて、研究費の増額や期間の延長などを含む発展共同研究とする精度も準備しているとのこと。採択された場合、半年に1回の研究報告会の実施と、各年度末に研究報告書の作成が求められる。

なお、応募用紙は同社Webサイトより応募用紙をダウンロード、必要事項を記入の上、Eメールで提出する。書面による1次審査を通過したテーマについて応募者とローム担当者が面談の上、最終審査を実施する。応募の締め切りは2016年2月29日。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事