「春画展」京都府・細見美術館で開催決定 - 京都会場限定の展示作品も

 

西川祐信「春宵秘戯図巻」個人蔵

細見美術館(京都府京都市)では2月6日~4月10日の期間限定で、「春画展」が開催される。

「春画展」は、2015年12月23日まで東京・永青文庫で開催された「春画」の展覧会。「春画」は、性的な事柄を盛り込んだ江戸時代の浮世絵版画や肉筆画の総称となる。

今回の「春画展」では、京都展のために一部内容を変更して開催。デンマークや日本の美術館・研究所・個人が所有する春画をとりそろえる。鈴木春信や鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎など、浮世絵の大家による作品も展示するとのこと。

さらに、京都会場限定の展示作品として、京都の西川祐信や大阪の月岡雪鼎の作品も用意。上方ならではの春画の魅力にも迫るという。会期中に展示替があり、前期は2月6日~3月6日、後期は3月8日~4月10日となる。休館日は月曜日で、開館時間は10時~18時(入館は閉館の60分前まで)。3月18日以降の金・土曜日は20時まで開館する。入館料は、前売券で1,300円・当日券で1,500円(共に税込)。

鳥居清長 「袖の巻」国際日本文化研究センター蔵

歌川国貞「花鳥餘情吾妻源氏」国際日本文化研究センター蔵

喜多川歌麿「歌まくら」浦上満氏蔵

鳥文斎栄之「源氏物語春画巻」(財)林原美術館蔵

なお、18歳未満は入館禁止となる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[宮沢りえ]黒のシースルードレスで華やかに 「ジャングル・ブック」歌舞伎座プレミア
[22:12 7/27] エンタメ
デルのゲーミングブランド「ALIENWARE」 - その歴史、思想、戦略
[21:41 7/27] パソコン
サイコム、GeForce GTX 1070をSLIで搭載した超ハイエンドゲーミングBTO
[21:40 7/27] パソコン
逆柱いみりの画集「蜃楼紀」発売、台湾での個展を記念し
[21:37 7/27] ホビー
[松本幸四郎]歌舞伎座で初の洋画プレミアイベント開催に感慨 「感無量でございます」
[21:35 7/27] エンタメ