J1昇格の大宮、MF家長と契約更新…昨季はJ2で33試合出場11得点

 

大宮との契約更新が発表されたMF家長昭博 [写真]=Getty Images

 大宮アルディージャは11日、MF家長昭博と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

 現在29歳の家長は、ガンバ大阪の下部組織出身で、2004年にプロ契約を締結。同年6月のアルビレックス新潟戦で2種登録選手としてデビューし、Jリーグ初得点を挙げた。その後、大分トリニータ、セレッソ大阪を経て、2011年にマジョルカに移籍。蔚山現代、G大阪に期限付き移籍で渡り、2014年に大宮に完全移籍で加入した。昨季は2015明治安田生命J2リーグで33試合出場11得点を記録して、チームをJ2優勝へと導いた。

 また、同選手は2007年に当時イビチャ・オシム監督が率いていた日本代表に初招集。国際Aマッチ3試合に出場している。

 契約更新に際し家長は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「あけましておめでとうございます。いつも応援ありがとうございます。今年も大宮アルディージャでプレーすることになりました。2016年も大宮アルディージャと家長昭博の応援をよろしくお願いします」


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[レベルファイブ]次はロボットもの「メガトン級ムサシ」 週刊少年ジャンプと協力
[15:36 7/30] ホビー
[プリパラ]「すみっコぐらし」とコラボ しろくまなど人気キャラがコーデに
[15:12 7/30] ホビー
MF文庫J、7月新刊は7タイトル! 『アブソリュート・デュオ』の最新巻登場
[15:00 7/30] ホビー
「Pokémon GO」に便乗した3つの脅威に注意 - トレンドマイクロ
[15:00 7/30] 企業IT
開幕まで一週間! iPhone/iPadアプリを使ってリオ五輪をもっと楽しもう!!
[14:23 7/30] スマホとデジタル家電