東福岡OBの長友が後輩を祝福「多くの子どもたちに夢や希望を与えた」

 

東福岡OBのインテルDF長友佑都 [写真]=Getty Images

 第94回全国高校サッカー選手権大会の決勝が11日に行われ、福岡代表の東福岡が東京A代表の國學院久我山を5-0で下し、17年ぶり3度目の大会制覇を果たした。試合後、同校OBでインテルに所属する日本代表DF長友佑都がツイッターで思いをつづった。

 第83回大会に出場したものの2回戦で市立船橋(千葉)にPK戦で敗れていた長友は、「日本一! 東福岡高校おめでとう! 頑張った後輩たち、東福岡高校サッカー部に関わる全ての方々の尽力の成果だと思います。7歳でサッカーを始めて、僕の大きな夢であった高校サッカー選手権優勝を成し遂げた後輩たちに敬意を表します」と、自身が果たせなかった夢を叶えた後輩に祝福の言葉を送った。

 そして、「僕は17年前、3冠を達成した雪の決勝での赤いユニフォームを見て、東福岡高校でサッカーをしたいと思いました。最高の試合をした後輩たちも、多くの子供たちに夢や希望を与えたと思います」と思い出を振り返り、決勝でプレーした選手たちに賛辞を述べると、「ありがとう! 応援して下さったみなさん本当にありがとうございました!」と、改めて感謝の言葉を伝えている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア